2012年05月06日

部長の男:鳩村衣杏


<あらすじ>
水科康太という純朴な青年を、一人前の使える男にすること…それが、出世を条件に、印刷会社広報部部長・日下部に課せられた任務だった。容姿に恵まれ処世術にも長け、仕事も恋愛も順調な男盛りのゲイである日下部にとって、真面目だが無愛想で目つきの悪い康太は、食指も動かない取るに足らない相手。しかし彼から予想以上に懐かれ好かれて、ペースを乱される。一途な想いをいじらしく感じた衝動で、日下部は康太を抱いてしまい…。


この表紙、かっこよ過ぎて惚れた(*´д`*)



鳩村さんの働く男BLはまじでいい!
なんかもうにやにやしながら読んじゃった。
ああ、いいもの読んだ、まじ萌えた!

社長命令で、一人の部下を一人前に育ててゆくゆくは社長令嬢と結婚させる…そんな計画だったはずが、恋も仕事もスマートにこなす大人の男・日下部自身がそんな彼に惚れてしまいましたというお話。
自分が手塩にかけて躾けたかわいいワンコ(しかもDT)を、他の女にくれてやるのが惜しくなるのも当然…。
それくらい、水科はかわいいやつです。
日下部と水科、経験値の差は歴然で、主導権握るのは日下部。
水科にひかれかけてる自分を騙そうとしたり、水科の告白をうまく誤魔化したり。
ズルイといえばズルイ人です。
でも、そういう大人の無駄な策略も、水科のまっすぐ過ぎる恋心には負けてしまうんですよね。
純粋で素直で、駆け引き無しの感情をぶつけられたら、どんな恋愛の達人でも降参したくなります。
そしていざ白旗をあげようとしたら、最初についた嘘に邪魔をされる。
そう、まっすぐ過ぎるワンコには、嘘は禁物なのです…。
まさかのかわいいワンコの逆襲。
年の差も結構あるし、肩書きでもかなりの差、とうぜんながら人生経験には大きな開きのある二人。
日下部がどうしても主導権握ってしまう状況なのもわかるし、水科は惚れた弱みで振り回されちゃいます。
この二人が対等に肩並べるのは無理だとしても、でも恋愛には上下関係ないですからね。
ごちそうさまでした♪
posted by 棗 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>鳩村衣杏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック