2012年03月18日

龍の兄弟、Dr.の同志:樹生かなめ


<あらすじ>
「そなた、我の妻にならぬか」眞鍋組の影の実働部隊に所属する功刀淳ことエビは、一度も失敗したことがない男と言われている。そんなエビに、ある指令がくだった。それは、アラブの皇太子カーミルに誤って売った日本画の贋作を本物とすり替える、というものだ。ところが、常識知らずのアラブの皇太子の言動に、さすがのエビも振り回されて、恋されて―。


このシリーズ、お医者さんと893さんのお話だと思ってたんだけどなあ(笑)
表紙見て驚いたのは私だけ?
アラブなんですけどーΣ(゚Д゚;)
でも、アラブはアラブでも、舞台は日本の甲府でした。




実を言えば、このシリーズ読むの2作目なんですけど、未だにメインカプのお話読んでないという…。
スピンオフばっかり読んでます。

それにしても、BLの中のアラブの王子様の金銭感覚がずれてるのはいつものこと…。
庶民との会話が全く噛み合わないのもいつものこと…。
アラブものの醍醐味ではあるんですけどね、そういう部分(笑)
でも、舞台が日本で、しかも温泉街っていうのがなんかよかったです。
ほのぼのしてて。
でも、アラブものによくあるお家騒動を発端にした王子の暗殺騒動だったり、寵愛を受けすぎちゃった受ちゃんが、拉致監禁されたあげくに王子が助けに来たりで、そういうお約束な部分もきちんとありました。
でも、やっぱりこのお話はエビちゃんと王子のラブが、すごくいいなあと思いました。
エビちゃん、ミイラ取りがミイラになっちゃうじゃないですけど、仕事で近づいたはずの王子にうっかりハニートラップ仕掛けたら、実は王子が…(笑)
おかげで王子はすっかりエビちゃんにめろめろなんだけど、そんな王子にエビちゃんもはまっていきますよね。
どんな仕事も完璧にこなしてきたエビちゃんらしからぬ失態なんですが、やっぱりエビちゃんも情のある人ですから。
エビちゃんの経歴はちょっと変わってて、今でこそ893ですけど、元はといえば一流企業のサラリーマン。
そこであったことに耐えられなかったエビちゃんはやっぱり人なんですよ。
そんな彼の経歴と、今のおシゴトと、うまく結びつかないかもしれないけど、でもこの人根っこの部分は変わってないのかもと思ったり…。
でも、沈めちゃったりしてますけどね…((((;゜Д゜))))

ところで、この二人、王子が20でエビちゃんが30で、10歳差。
BLのアラブの王子様といえば、傲慢なオレ様がデフォなんですが、この王子の場合ちょっと違う…。
確かにオレ様な部分もありますけど、恋愛部分の手綱はエビちゃんがしっかり握ってますよね。すてきな姉さん女房ぶり発揮してます。

いや何に萌えたって、王子が私の好きな年下◯◯攻めだったってこと。
コレにつきます!
posted by 棗 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック