2012年02月17日

恋愛☆コンプレックス:月村奎



<あらすじ>
職場で性癖がバレたことから公務員を辞め、漫画を描いて生活しているゲイの朋樹(ともき)。
ある時、彼の日常に人懐っこい隣人・玲央(れお)が飛び込んできた。
見ている分には格好良い男でも、付き合いたいなどとは朋樹も思っていなかった。
ところが、なぜか玲央から「好きです」と告白されてしまう。
そんな都合の良いことを信じられないあまり、朋樹は暴走し……?

貧乏(?)大学生×ひきこもり漫画家、おとなり同士の逆・年の差ラブ!


月村さんをセンシティブと言ったのは誰ですか。





月村さんのラブコメエロターンキタ━(゚∀゚)━!な1冊でした。
雑誌で読んだ時にも驚いて、アンケートになんか書いた気がする…。
BL作家さんに対してそれもどうかと思うんですけど、月村さんとエロが一致しない…。
どうも、センシティブのイメージが先行しちゃってる気がするんですよね。
今まででも、えろがえろいお話あったのに、なんだか今回は特別驚いた(笑)

いやいやなかなかしつけの良いワンコではないですか、玲央(笑)
毛並みよし、性格良し。
ただ本能に逆らえなくて、サカッたらすごいですみたいなwww
とはいえ、そんなかわいらしい、年下ワンコちゃん、なかなか主導権握らせてもらえません。
それもこれも、極度の人間不信の、ニセ女王様(笑)があらぬ方向に頑張ってしまったからですね…。
ニセ女王様こと、朋樹は、過去の恋の痛手から、すっかり人間不信。
そこへ性癖のことも加わって、酷いコンプレックスの塊。
…でも、売れっ子漫画家だったりするんですけどね。
それがあっても覆せないほど、自己評価が低いのです。
そんな朋樹の前に現れたのが、すべてがパーフェクトな男子、玲央。
かっこいいのにおごったところもなく、純粋な玲央に朋樹は告白されるのに、その言葉がどうしても信用出来ない。
…こんなかっこよくて性格もいい子が自分を好きになるわけがない。
だから、自分も好きだなんて、絶対に言えない。
ソコでとった行動は、女王様(笑)なぜか襲い受に豹変しちゃうのです、内心いっぱいいっぱいなくせに。
それ以来、どSの女王様キャラで、玲央にのしかかるわけですけど、元来そういう性格じゃないのに、案外はまり役だったりして。
そこまで演じなければ、好きな人とえっちもできないというのも寂しいことではありますけどね…。
朋樹は、そんな嘘をついてるわけだけど、玲央も朋樹に対して、内緒にしてることがあるのです。
それが元で、すれ違っちゃったりするんですけど、そこは雨降って地固まるですよね。
女王様はマグロになって(笑)、ワンコちゃんにがっつり食われちゃいました♪

書き下ろしがついてたんですが、それに朋樹に恋のトラウマ植えつけた男が出てくるんですが、ただのキモい男でした…。
でももっと気持ち悪く、ねちっこく迫って欲しかった…!!!(え?)
そんなキモ男と面と向かって喧嘩挑んだ玲央がかっこよくてかっこよくて。
ただのかわいいだけのワンコちゃんではありませんでした。
かなり歳の離れたカップルですけど、年下男子がこうやってかっこいいトコロ見せくれると、ますます惚れちゃいますよね。
でも、なんというか、えっちのがつがつぶりが!もうがつがつです、がつがつ(笑)
ああ、年下ワンコ最高…。

ということで、月村さんらしさもありつつ、年下ワンコに萌え萌えし、エロも堪能し、大満足(≧∀≦)
5月にまた新刊も出るみたいで、楽しみですー。
しかし、ここ最近の月村さんの発行ペースにビビってるのは私だけ…?
もう書かれないのかと思ってた時期があっただけに、嬉しい反面、ちょっと不安だったり(笑)

posted by 棗 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック