2011年12月13日

すき:月村奎



<あらすじ>
小説家の瑛斗(えいと)が恋をしたのは、デビュー時からの担当編集者・井上。
仕事だから優しくしてくれるとわかっている相手に間違って告白して以来、瑛斗はいたたまれない毎日を送っていた。
そんなある時、井上が小さな娘を一人で育てていると知る。
相手のプライベートに踏み込む気まずさを覚えつつも、可愛い少女との交流に心和ませる瑛斗。
そして井上への思いをもますます募らせてゆくうちに……?


あとがきに偽りなし(笑)


久しぶりの月村さんです。
この前が「ブレッドウィナー」だったから、新作読むのはほんとに久々なんですけど、やっぱり月村さんの作品は安心して読めます。
タイトルもかわいかったけど、内容もすごくかわいかった(*´д`*)

BL作品において、報われない恋に思い悩む受(or攻め)は数多いけれど、きっぱり振られたあとからスタートっていうのがなんか新鮮でした。
しかも、自分を振った相手とは仕事がらみで関係をそう簡単に断ち切れない。
振られても、諦めきれなくて、だからこそ、顔を合わせれば、挙動不審になってしまうというのはお約束。
この瑛斗というのが、なんとも憎めないキャラで。
どっちかといえばマイナス思考だし、自己管理能力はなってないし、対人スキルは低すぎるし…。
欠点ばかりみたいだけど、本人は至って真面目だし、なにより一生懸命だよね。
井上を好きだって気持ちが、大人の男の感情にしては、すごく可愛らしく私の目にはうつったのですよ。
そして井上、この男はもう(笑)
仕事ができて子煩悩な大人の男だと思わせといて、案外スケベなオヤジでした。
月村さんの攻め様にしては、かなりエロ度高め…。
堪能させて頂きました(`・ω・´)

ところで、またすぐに新刊が読めるみたいですね。嬉しい!
でも、私が月村さんの作品で一番好きな「Release」だけが復刊されてない…。
お願いだからぜひこの作品も是非!
posted by 棗 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック