2011年11月10日

眠れない夜のすごし方:雪代鞠絵

雪代 鞠絵,亀井 高秀
幻冬舎コミックス
発売日:2006-01-17



<あらすじ>
高校生の藤沢佳は失恋のショックでお酒を飲んでいたところを、通りかかった医者の津村峻とカフェのマスター沢渡香澄に助けられる。酔って香澄に怪我をさせてしまった佳は、峻に脅され放課後カフェでバイトすることに。口が悪く、普段は佳をからかってばかりの峻だったが、実は誰よりも佳を心配していて―。単行本未収録作品プラス続編書き下ろしでお贈りする、ハートウォーム・ラブストーリー。


全寮制櫻林館学院のシリーズを読んでから、雪代鞠絵さんがプチブーム(笑)







私の中で雪代さんは、オトナ×コドモのイメージが強いんです。
なのでこの作品は、すごくしっくり来る感じでした。
全寮制櫻林館学院のシリーズも、また違った雰囲気で好きですけどね♪

それにしても、高校生なのにアル中さんだなんて…。
自覚がないだけに末恐ろしい…。
失恋でやけ酒、酒屋の前で大暴れ、人様に怪我させる+医者に見つかるで、ようやく発覚するわけですけど、失恋はきっかけじゃないんですよね。
自覚するきっかけにはなるけど。
タイトルにもあるように、眠れないから飲む。
眠れないのも、さびしさから来てるのかなあ…。
佳も普段は口を開けば、小生意気なことばっかり言って、峻には食って掛かってるけど、ものすごい脆いから、突然折れちゃう。
オトナは…目がはなせませんよね。
寂しい子には、こういう大人の男がいいと思うよ。
でも、コドモはコドモで、そんな大人の男に気後れしちゃうよね。
自分でいいのかって、悩んでしまう姿はやっぱりかわいらしい。

この作品、もう一人の登場人物、香澄の恋が気になる…。
なかなか大変な恋愛してたみたいだし。
香澄編がないのかな〜。
posted by 棗 at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>雪代鞠絵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック