2011年06月17日

うちの巫女にはきっと勝てない:神奈木智



<あらすじ>
事件をきっかけに、付き合い始めた警視庁捜査一課の刑事・麻績冬真とツンデレ禰宜・咲坂葵。
季節は春。異動の可能性を思って冬真はいささか憂鬱。葵もまた弁護士を目指していた過去に思いを馳せる。
一方、相変わらず矢吹は`島に突っかかるが、二人の過去には何かあったらしい。そんな中、殺人事件発生。被害者は`島の父の事務所の弁護士で・・・・・・!?


脇の二人が気になるううううう。





うち巫女シリーズも三作目ですね。
この二人大好きなのでうれしい(*´д`*)
ここまでくると、この二人は揺るがないですよね。
なんか麻績ばっかりが葵のこと好きみたいに思えてたけど、そうでもないんだよね、葵も麻績ことずいぶん好きなんだよね。
葵が積極的すぎて、ちょっとテンション上がっちゃった(笑)

今回は、事件メインでもなく、二人の関係のお話でもなく、葵が自分のことについていろいろ考えるお話でしたね。
葵だけじゃなく、麻績も双子ちゃんも冬美ちゃんも、登場人物みんなそれぞれがいろんなもの抱えてて、誰のが一番重いとか比べようはなくて。
それを受け止める側の心の持ち方次第で、それは変わってくるんだろうなと。
葵の足元が定まらない感じって、なんかわかるなあ。
周りがみんなまっすぐ立ってるようにみえて、ますます落ち着かなくなるんだよなあ…。
そしてまたいろいろ考えちゃうという無限ループ。
でも、葵は今回しっかり立ち位置決まったのかな?

ところで、あの警察カップルはどうしてくれようって感じなんですけど。
`島なによ!あのかわいい生き物は!
なんだか全くつかめないひょうひょうとした生き物かと思いきや…。
…で、どっちがどっちなんですか。
私はおっさんには攻めてほしいし、エリートメガネには受けてほしいんだよ(`・ω・´)キリッ
posted by 棗 at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>神奈木智 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック