2010年11月28日

BLCD「吸血鬼には向いてる職業」

吸血鬼には向いてる職業
<キャスト>
野迫川:平川大輔、黒田:黒田崇矢
ケイト:武内健、薔薇原:てらそままさき、他

<内容>
新人熱血編集者VS性格最悪な吸血鬼マンガ家のラブバトル!

幼い頃から「マンガは友達」、マンガのためならなんでもできちゃう筋金入りのオタクの藍。
念願が叶いマンガ編集部の配属となった早々、大ヒット作 「ゴスちゅる」を連載中で、問題ありまくりのマンガ家・黒田瑞祥の担当をすることに。
超遅筆なうえに性格がねじ曲がってるのはまだしも、「マンガを描くのはヒマつぶし」と言い切る瑞祥に、藍は内心怒り狂うが──。





「にゃー」






原作未読…というかこのマンガ家シリーズ自体読んだことなくて、どうかなあと思いつつ聞きましたが、CD一枚でも楽しく聞けました〜。
やっぱ、このコンビはすごいよwww
フリトCDで「平川ちゃん」「崇矢さん」って呼び合ってて、ふふふってなった。
スーツコンビのおふたりの息はぴったりだよね〜(≧∀≦)

黒田役の黒田さん(笑)はもう息がっ!どうしてくれようってくらいエロくてですね、うわああああああってなりましたよもう。
当然のように、野迫川@平川さんはえろかわいくて、(*´д`*)
えっちは濃いですけど(笑)おはなしはコメディタッチなので聴いてて楽しくて。
いちいち黒田が、セリフ訂正するのがおかしくておかしくて。
人じゃなくて、吸血鬼だからねwww
なのに、それを全く信じてなくて(当たり前w)、ただ原稿が進まないのをのらりくらりとかわされてるんだと思い込んでる、炎の編集者、野迫川。
なんていうか、仕事一直線だよね。
原稿のためなら、なんでもしますなんて。
それを逆手にとって振り回してるつもりが、ふりまわされちゃってる黒田www
長生きしてる吸血鬼とは思えない、うっかりぶり。
そういうところが憎めないよw
それにしても、この作品も平川さんの泣いてるシーンがありましたが、これもまたきましたね…。
泣かされてばかりで、悔しい(笑)
そんな泣けるシーンもありましたけど、基本的には最後まで笑えるシーンが多くて、薔薇原@てらそまさんwww
華麗に登場したのに〜(笑)

ところで、一番反則だと思ったのは、ケイト@武内さん。
もーかわいすぎてどうしようかと思った。
にゃーにゃーいってて、それがはまりすぎwww
平川さんもにゃーって言ってましたね。

萌えたにゃ〜(*´д`*)
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック