2006年06月22日

私立櫻丘学園高等寮:橘紅緒

私立櫻丘学園高等寮
橘 紅緒著
大洋図書 (2005.6)
ISBN : 4813011039
価格 : \903
通常2-3日以内に発送します。



<あらすじ>
その気になった男を弄ぶという噂を持つ、烏丸旭。
そのため、誰からも距離をおかれながら、櫻丘学園高等寮で暮らしていた。
ある雨の日の帰り道、王子と呼ばれる伊達洸貴に出会ってしまう。
ストレートに自分の気持ちをぶつけてくる伊達に、ずっと頑なだった旭の心も溶かされていく。
やがてふたりははつき合い始めるのだが・・・。
高校生×高校生モノ。


私の好きなシチュエーション。
○トラウマ
○受の片思い
○学生寮
以前にも(熱く)書きましたが、すごく好物です。
・・・ハマらんわけがない(笑)
というわけで、梅雨時期にはぴったりではないかという一冊「私立櫻丘学園高等寮」です。



萌えシチュの作品というだけでなく、なんというかこの橘紅緒さんの生み出す雰囲気というのが、なんだかすごくツボにハマるというか。
始まりの雨のシーンから、持って行かれてしまいました。
たとえベタだと言われようとも、ヲトメと言われようとも(笑)
雨の日の帰り道、一本の傘が縁で、言葉を交わす旭と洸貴。
寮内でも有名人のふたり。
王子と呼ばれ、完璧を絵にしたような洸貴と、その気になった男を弄ぶという噂を立てられてしまっている旭。
正反対に立つふたりなのに、不思議と距離は縮まっていく。
事件の被害者のはずが、加害者のかのように言い立てられ、寮の中でも学校の中でも、どことなく浮いてしまっている旭に、そんなこと全く気にしないかのように接してきた洸貴。
そんな洸貴の態度にも、どうしても最初は抵抗を感じずにいられなかったけれど、いつしか旭の頑なな心も洸貴の想いによって溶かされていく。
そんなとき、不意に持ち上がった、疑惑。
小さな誤解のはずが、大きな波紋となって、二人の関係を変えようとする。

言い訳しない洸貴と、否定しない旭。
そんなふたりに対して、おせっかいすぎるほどおせっかいな連中ぞろいの寮生達。
彼らの恋愛模様もちょっと見てみたいなあと思ってたら、きちんと出ましたね、「恋 私立櫻丘学園寮」が。
かゆいところに手が届きます(笑)

それにしてもです、洸貴のあの大人っぷりって一体・・・。




posted by 棗 at 21:45| Comment(4) | TrackBack(2) | BL(小説)>橘紅緒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、会長!

いやぁ、まさに梅雨の季節にぴったりな作品ですよね。

>始まりの雨のシーンから、持って行かれてしまいました。

そうなんですよ〜!いきなり、しょっぱなからガツンと一発やられた〜!って感じでした。

寮モノ、私も大好きです。櫻丘学園の寮の雰囲気、すごくステキでしたよね。こういう寮生活なら、してみたいなぁ、と思いました。

棗さんのツボが「受けの片思い」とか「トラウマ」とかだったら、五百香ノエルさんの「優・等・生」とか読まれたことありますか?そちらも寮モノで、ちと痛い物語です。私には結構ツボだったんですが、もし機会がありましたら手にとってみていただきたいな。
Posted by suzuya at 2006年06月23日 23:05
名誉会長、こんばんは!
ホントに、すばらしく雰囲気のある作品で、それにまた北畠あけ乃さんのイラストが、ぴったりくるんですよねえ・・・。
私も、このカップルが一番好きだなーと思ってるんですが、結構シマさんの恋も気になります・・・。

>五百香ノエルさんの「優・等・生」とか読まれたことありますか?
実はあります。
大昔っていうか、発売当時に買いました〜、金ひかるさんのイラストにひかれて。
若かりし頃のわたしにはきょーれつ過ぎて(甘いのしか読んだことなかったもので)、それ以来五百香ノエルさんの作品が怖くて(笑)
でも、10年後の今なら、また別の感想を持つかも知れませんね。
しかし、結城くんがキモかった記憶ばかりがこびりついてて・・・。


Posted by 棗 at 2006年06月24日 21:06
こんばんは!棗さん。
棗さん一押しの橘さんの作品読みましたよー。
私も雨の描写から一気に世界に惹き込まれました♪
この精緻な文章は、私ごときの至らない言葉では褒めきれませんが、雰囲気に飲まれてしまいました。
TB頂きましたので、よろしくお願いします〜♪

『月にむらくも〜』の方は、私の感想がビブロス倒産に動揺している甚だみっとも無い内容だったので、遠慮します!
アチラの作品も楽しんでいただけたようで嬉しいです。
ではでは!
Posted by tatsuki at 2007年10月10日 20:49
tatsukiさん、こんばんは♪

気に入っていただけてよかったです〜。
橘さんは、いまのところコンプしてますが、この作品がいちばん好きなんですよ〜。(次が「ラブシック」かなーと)
雰囲気が、ホントに良くて・・・。
次回作は、奈良さんがイラストのようなので、期待しまくりです。

ところで、「月にむらくも〜」の感想・・・。
検索かけて見つからなかったので、そうかtatsukiさん書かれてないのかな〜と、勘違いしておりました。
あとで、そっと参上いたします。
Posted by 棗 at 2007年10月10日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

私立櫻丘学園高等寮
Excerpt: 【私立櫻丘学園高等寮】 橘紅緒 / 北畠あけ乃 SHY ノベルズ  ああ、そうか・・・、と、旭は虚ろに見ていた雨から視線を落とした。  これは、足下の氷が割れた音なのだ。 ..
Weblog: plastic-paradise
Tracked: 2006-06-23 22:37

私立櫻丘学園高等寮
Excerpt: 先日オフでお会いした棗さんのオススメ作品です、橘紅緒さんの小説の方は初読みですね。 というか、『セブンデイズ』の時も言いましたが、実は最近までBL小説家という認識が無かっ...
Weblog: la aqua vita
Tracked: 2007-10-10 20:18