2010年06月14日

それなりに真剣なんです。:麻生海

それなりに真剣なんです。(上)

それなりに真剣なんです。(上)

価格:650円(税込、送料別)

 
それなりに真剣なんです。(下)

それなりに真剣なんです。(下)

価格:650円(税込、送料別)



<あらすじ>
大沢直樹は小料理屋「今井」で料理人として働きながら一人娘・千都を育てるシングルファーザー。恋という感情はとっくに忘れた日々を送っている。そんな大沢を現在口説いているのが、「今井」の常連・吉岡誠一。名前を裏切るかのような恋多き男からの誘いをいなしていた大沢だったが、吉岡と同居することになって…。
オトナの恋を描いた大人気作ついにコミックス化!


好きすぎて激しくリピート中の作品。
なんでこんなに好きなんだろう…。






そんなわけで、真剣に好きな理由考えてみた(笑)
結論でたわけじゃないけど、たぶんそうなのかなと思ったのが、甘えることの心地よさ。
他人に甘えることをよしとしない人たちが、ギリギリ限界までがんばってがんばって、でももうだめかもって思う瞬間、ふと差し伸べられた手をとってしまう、そういう部分かな。
誰の目から見ても、すごくがんばってる大沢のことを否定しないできちんと認めて、でもさらっと助けちゃいますよね、吉岡は。
それはきっと大沢がすべてのことに一生懸命で、なにごとも手を抜かないでいるからこそ、なんとかしてあげたくなっちゃうんでしょうけど、まあそれ以外にも吉岡の中に下心というものも存在するし(笑)
のべつ幕なし相手に甘え倒すのは年下ワンコの大事なオシゴトなので、それはそれでかわいいなあ〜いいな〜と読めるんですけど、大人同士の関係だとやはりふとみせる弱い顔にちょっとくらっときますよね。
このお話の場合、大沢だけじゃなくて、吉岡だって甘えるの下手なんですよね…。
このヒト情が深くて自分の可能な限り相手受け止めますよね、甘やかし上手。
そのくせ自分は誰にも頼ろうとしない…。
大沢と吉岡って、タイプは全然違うのに、そういうトコロだけは似てるというかなんというか…。
ベタベタしすぎない、依存しすぎない、だからといって相手を信頼してないわけじゃない。
ちょうどいい位置保ってるんだろうなあ。

そして忘れてはならないのが、千都ちゃんwww
かわいいんだよ、ほんとに(*´д`*)

posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(マンガ)>ア行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック