2010年01月30日

志水ゆき全集3 LOVE MОDE (3):志水ゆき


志水 ゆき全集 LOVE MODE (3) (ディアプラス・コミックス・デラックス)

志水 ゆき全集 LOVE MODE (3) (ディアプラス・コミックス・デラックス)

  • 作者: 志水 ゆき
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2009/12/25
  • メディア: コミック



<あらすじ>
ゆっくりと時間をかけ。蒼江(あおえ)と直也(なおや)は心の距離を近づけていた。
そんな時、天涯孤独のはずの直也に、祖父の迎えがやってくる。
「一緒にいたい」
強くお互いを想うふたりはーー。

最初だったり、最後、だったり。
たった一度の忘れられない『夜』を描き、
一番泣けるBLとして名を馳せた『LOVE MODE』完全版第三弾!!

<収録作品>
MY DEAREST(蒼江×直也)
すばらしき日曜日(蒼江×直也・晴臣×葵一・天雷×一星)
すばらしき金曜日(蒼江×直也)
病ミ上ガリノ夜空ニ(晴臣×葵一)
FLY ME TO THE HEAVEN(誠一×朋樹)


なにはともあれ、「すばらしき日曜日」ですよ〜♪



【蒼江×直也篇】
高宮と和泉がお休みな分頑張ったふたりw
というか、ふたりの関係が劇的に変わった巻ですよね。
蒼江がなんだか物分りのいいオトナのふりなんかするから(笑)なかなか進展のなかったふたりなんですが、とうとう子猫ちゃんも食べられちゃいました♪
直也も自分の気持なんてわかりきってるんだけど、それを素直に口にする勇気がなかなかでないんですが、蒼江にしてみれば直也の気持ちなんてすっかりお見通し。
そんでもって、蒼江も気がついてるクセに、だからといって露骨に態度に表す人じゃないしね。
両思いのクセに、前に進まないじれったいカップル。
その関係が変わったのって、「ずっとこのままでいることができないかもしれない」って状況が生まれたから。
直也は蒼江に二度と会えないかもしれないと思ったし、蒼江は蒼江で直也を失うかもしれないって本気で思っただろうし。
とくに蒼江は、大切な人を失うことにはすごく弱いから。
だからこそ、一緒にいる今がすごく大事だってことに、改めて気がついたふたり。
うん、おめでとう(笑)
しかし、直也って蒼江の前と、亘の前と、かなり違うよね。
蒼江の前で大分甘えるようになったんだな〜。

【晴臣×葵一篇】
この主従関係は…いいよね(笑)
でも、ちらっとでてきた彼もからんで、かなり複雑な関係ができあがってますよね。
私実は葵一が何考えてるのかは、全くわかんないんだよね…。

【誠一×朋樹篇】
想像力ゼロにして挑まないと、ちょっと読めない…。
幸せの定義はそれぞれなので、”その後”がどんな形であったにしろ、誠一にも朋樹にも幸せであったのだと信じたいのです。
少なくとも、画面の中に居るふたりは、最大級に楽しい恋愛したはずだから。


表紙の三人のイラストは反則だよ(≧∀≦)
無敵のトライアングル…。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック