2010年01月21日

つる草の封淫:沙野風結子


つる草の封淫 (プラチナ文庫)

つる草の封淫 (プラチナ文庫)

  • 作者: 沙野 風結子
  • 出版社/メーカー: フランス書院
  • 発売日: 2010/01/08
  • メディア: 文庫



<あらすじ>
「初めて腹に含んだ男が、愛しうなったか」
権力者の影武者となる「珠」として造られた葛は、本体の月室藩主の子息・藤爾に代わり、幼い頃より慕う上忍の珀とともに緋垣藩に人質として赴く。藩主の嫡男である緋垣彬匡は、周囲の者に禍を撒くと噂され、恐れられていた。諜報活動を行う葛は体液から情報を読み取る特殊能力がうまく使えず、焦りを覚える一方、不幸をもたらす己を呪う彬匡の孤独に触れ、惹かれ始めるが……。


久々に読んだ沙野さん、キタよコレ(≧∀≦)
しっかりプラチナ仕様…。
リニューアルして装丁が素敵になったけど、中は変わらないでいてくれたのね〜。
ビバ、エロス♪


今回は「忍者モノ」ですよ、忍者!
なんか忍者って聞くとつい「二番もあるんだぜ」を思い出し(読んだことはないですよ)、どんなトンチキになるかと(笑)
そしたら、しっかり沙野さんクオリティ!
マニアックなエロスてんこ盛りで、お腹いっぱい。
大変おいしゅうございました。
とはいえ、エロだけではなく、ストーリーもすごく面白かったです!

葛は月室藩主の子息・藤爾の影武者として生まれそして存在しており、今回任務のため緋垣藩主の嫡男・緋垣彬匡のもとへ。
彬匡は周囲の者に禍を撒くと噂され、事実彬匡の元に行った葛は彼の残虐な面を何度となく目にすることに。
今回、この任務はただの身代わりではなく、葛の忍としての特殊能力を使っての諜報活動も目的。
この特殊能力というのが、相手の体液から情報を読み取るというもの。
…どんなエロイ能力だよ(≧∀≦)
そのためにも幼い頃から閨房術を仕込まれており、その師匠でもある珀とともに彬匡に行ってるのですが、なんかもそのシチュエーションだけで萌えますよ!
師匠である珀には幼い頃から惹かれていたものの、やはり忍としての生きるもの、そんな感情に溺れることもできず、ただひっそりと思うばかり。
その一方で、特殊能力によって彬匡の本心にわずかに触れ、葛は心を揺らす。
でも彬匡の体液からは確実な情報は、何一つ読み取れないんですよ。
奥底にある、寂しさみたいなのを感じることはできても、重要なことはなにも。
そのことで葛は、自分の特殊能力が衰えてしまったのかと、不安を感じるのですが、おそらく彼にとってのこの不安は、存在意義に直結するものだから。
葛のような影武者となる忍は、そもそも自分なんてあってなきがごとし、任務がすべて。
それができないんじゃ、存在理由、ないと思い込んでしまう。
しかも自分たちの、「その後」を知っている葛は、特に。
葛は何度となく、彬匡に近づきます。
でもその理由がだんだんわからなくなってくるんですよね。
こんどこそ体液から情報を得たいのか、それとも寂しさの理由を知りたいのか。
でも、確実に言えるのは、珀に抱いていた感情と、彬匡にむける感情は、まるで違いますよね。

そんな葛を幼い頃から指導してきた、珀。
彼は一番のスケベだった(笑)
彼も彼なりに悩み苦しんで葛を大事にしていたんだと思います。
閨房術の指導なんてものしつつも、よくぞまああそこまで理性的に我慢に我慢を重ねていたなと…。
我慢の限界点突破後は、かなりはじけてましたが…。
大事にしていた葛を、ぱっと出の(笑)彬匡にかっさらわれちゃあそりゃあ悔しかろうと思います。
しかも、彼自身は閨房術の仕込んだとはいえ、あくまでも指導の一環、本番はありません…。
なのに彬匡に葛のお初を奪われ、しかも自分の前であれこれと励まれ…。
彼もまた忍として生きるもの、葛藤はあったんだろうなと想像はつきます。
感情のままに葛を抱いてしまえば、もうきっと彼を手放せなくなる。
それがわかっていて、冷たく突き放すほうを選んだ。
その結果が、アレだったわけですが…。
でも珀は葛の幸せを願い、表向きは彼のためにいろいろと手を尽くしてくれるのですが、裏ではたがが外れたエロスの権現と化してましたね。
あああ、さんぴーキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
しかも、それって、どんなプレイですかwww
やっぱ、沙野さんのエロは、奥が深いです。
堪能したわ〜、ご馳走様でした。
美味であった(笑)

しかし、プラチナさん、番外編小冊子全サじゃなくて抽選なんだ…。
えー閨房術指南よみたい〜。


この記事へのコメント
お久しぶりです、こんにちわ♪
沙野さんの作品は未読ですが(ごめんなさい)他のプラチナ文庫を読んで・・
全サでなく抽選って知りました。
なんで〜(><)って思いました。
この運のない私に抽選って・・・
Posted by 瑠璃 at 2010年01月23日 15:03
瑠璃さん、こんばんは。

プラチナはリニューアルしてから、書店で手に取りやすくなったのはうれしいです〜。
でも、番外編が、抽選というのに衝撃を受けました。
なぜゆえそんな鬼畜なことを(笑)
私もくじ運いい方ではないので、すでにあきらめぎみです…。

コメントありがとうございました。
Posted by 棗 at 2010年01月23日 22:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック