2009年11月30日

志水ゆき全集2 LOVE MОDE (2):志水ゆき


志水ゆき全集2 LOVE MОDE (2) (ディアプラス・コミックス・デラックス)

志水ゆき全集2 LOVE MОDE (2) (ディアプラス・コミックス・デラックス)

  • 作者: 志水 ゆき
  • 出版社/メーカー: 新書館
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: コミック



高級デートクラブ『B&B』に所属するいずみは、
隣家の老人宅にやってくる高校生・嵐(あらし)と出会う。
日なたの匂いがする彼に惹かれるほどに、自らの過去が胸をよぎりいずみは苦しむ。
そして、一緒に住み始めた蒼江(あおえ)と直也(なおや)の静かな暮らしにも、影がさす――。
直也の家族を奪った者の魔手が再び直也に忍び寄り……。

冷えきった心をあたためる、たったひとつの恋を描いたBLの代名詞的伝説のシリーズ『LOVE MODE』、描き下ろしのキャラクタープロフィールも収録の完全版第二弾!!

<収録作品>
サンクチュアリ(嵐×いずみ)
a happy new year(蒼江×直也)
Winter Cloud(蒼江×直也)
FOUR MEN(蒼江×直也・高宮×和泉)
もう一つの…。<コミックス初収録>(蒼江×直也)
キャラクタープロフィール<描き下ろし>


本日もラブモ(≧∇≦)





【嵐×いずみ篇】
自分の知らないところで高宮と和泉を結びつけてしまった人…。
そして、蒼江と直也の間でもちょこっと働いてたんじゃないのかな?
そんないずみのお話。
いずみは、高級デートクラブ『B&B』でNo1なわけだけど、満たされてない人ですよね。
まあ、いずみが欲しかったのは、そんな一番という座ではなく、蒼江だったわけで…。
そんないずみの前に現れたのが、やんちゃ高校生の嵐。
これまたすごい登場&出会いを果たしてる訳ですけど、まあ嵐っぽいですよね。
いずみは過去にとても大きな事件に巻き込まれて、決して消えることのない傷を負ってしまった。
だからこそ、嵐のようなかげりのない人のそばにいることをあきらめてしまう。
黙って嵐のもとを去ろうとするのを阻止してしまうのは、蒼江兄弟。
自分がどうやっても後ろ向きにしか動けないとき、こうやって背中を押してくれる人がいるということは、やっぱりいずみの人徳なんだよなあって。
あんなつらい目に遭いながらもきちんといずみが生きてるからであって、そんな彼を嫌だなんて言う人はいないから。
嵐は、なんかもういい感じに年下攻め♪

【蒼江×直也篇】
あいかわらず、蒼江にうまく懐かない子猫ちゃん(笑)
甘えるの下手な子だなって感じなんですが、蒼江って待つ人だよね。
直也に、住むところだけじゃなく、いる場所作ってあげて。
しかも、甘える場所もちゃーんとあって、そこはいつでもあけてあって、甘えたくなったらきたらいいくらいのスタンスで。
なんだかんだ言って、蒼江は一度自分の懐に入れた人は、全力で大事にしてます。
そうやって大事にされてる直也を見てるのが好き♪
”FOUR MEN”のなかにもあったけど、ああやって、蒼江がものすごく直也を心配してるところが萌える…。
そのお話、高宮×和泉のお話でもあるんですが、やっぱりこの人たち、ラブモのエロ担当(笑)


ところで、書き下ろしのプロフィールの葵一先生の顔が、とても策士の顔に見えたのは、私だけでしょうか…。
ジャングル風呂で晴臣になにかしようとたくらんでるにちがいない(笑)

三巻以降も、表紙とプロフィールの描きおろしが楽しみだ♪
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック