2009年11月09日

BLCD「くちびるに銀の弾丸」

イメージ・アルバム,近藤隆,遊佐浩二,松村幸洋,小田久史,桑原敬一,樋口智透,馬場圭介,山口享佑子
ムービック
発売日:2009-08-26



<キャスト>
水嶋弘貴:遊佐浩二、澤村 朗:近藤 隆

<内容>
その眼差しが禁欲的だから、煽り、追いつめてみたくなる…。

ゲーム会社に勤める澤村は、自他共に認めるヤリ手広報。
次の担当は、鳴り物入りで移籍してきた業界トップのディレクター・水嶋の新作だ。
高いプライドと端整な美貌をもつ水嶋に、一目で興味をもった澤村。
けれど彼はなぜか澤村にだけ冷たい。
この男を組み敷いたら、どんな顔をするだろう…。
澤村は好奇心から無理やり水嶋を抱いてしまう!
ところが水嶋はその腕を拒まずに!?
ヤリ手のゲーム広報・澤村×トップのゲームディレクター・水嶋のセクシャル・オフィスLOVEがドラマCD化!


原作の感想はコチラ

「俺に、あんたを好きになっていい権利をください」は名ゼリフ。


なんなんですか、この澤村@近藤さんのオレサマでエロい年下攻めはー(≧∀≦)
どきどきしちゃった(笑)
以前「勘弁してくれ」で年下攻めにそりゃあもうねちっこく追いつめられてる、素敵な年上受けをされてた近藤さんでしたが、今度はちょっと逆転でしたね。
年上をいやらしーくおとしましたよね、ええ。
エロいよエロい!
この澤村なんですが原作読んだ時にはあまりのヒトデナシぶりに、むかっとしながら読んでたんですが、今回CDで聞いてたら、確かに言動のイチイチにちょっとハラはたちますが、どっかかわいいんだよなあ…。
確かに私は年下攻めにめちゃくちゃ弱いけど、これは近藤さんのせいだと思う!
だって、近藤さんの澤村、絶対に可愛さ含んでるよ(≧∀≦)
はじめ本読んだ時の印象が、なんかこうもっととがってるかんじイメージしてたから、そうきたか!的な澤村でしたね〜。
うん、素敵な年下攻めだ♪
しかし、近藤さん、受けても攻めていいなあ…。

そして、水嶋@遊佐さん。
私の中で、遊佐さんといえば、”食えない人”を演じてる方、というイメージが妙に強くて…。
なんでだろ、メインも聞いてるんだけどなあ。
だから、水嶋というのは、ちょっと意外だったかも…。
それにしてもですね〜、澤村に対して、わりとツンとしてた水嶋だったんですけど、電話で無理やりたたき起こされたシーンの寝起きボイスはキター(≧∀≦)
あそこの水嶋@遊佐さんがかわいすぎてかわいすぎて、リピート!(笑)
そんでもって、「あとでおぼえておけよ」って、怒ってるし〜。
水嶋って、そういえば、怒るシーン多いですよね。
一番最初の澤村との対面シーンでもそうだし、このモーニングコール(笑)のシーンも、あと澤村をすっぱり振るシーンも。

おんなじセリフでも、本とCDとではこんなに印象違うんだな〜って。
でも、やっぱり澤村の、「俺に、あんたを好きになっていい権利をください」はすごくよかった…。
posted by 棗 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック