2009年10月16日

心臓がふかく爆ぜている:崎谷はるひ



<あらすじ>
地味で大人しいサラリーマン・齋藤の前に現れた大手企業から転職してきたかっこいい降矢――次第に惹かれる齋藤だったが…!?
会社員×会社員モノ。


BLに出てくるキャラが(主に攻め)がいかに完璧かってことを、改めて実感したした一冊でした。
なんかBL読んだって気がしなかったですよ、とはいえ、エロに萌えはしたんですけど・・・。



このいい方が適当なのかちょっと悩むところなんですが、降矢はホントに”普通”の男ですよね。
普通というか、現実にいる男っていうか。
大概読んでるBLの攻め様といえば、”完璧”の2文字が似合う似合う・・・。
仕事ができて、顔が良くて、スタイルよくて、センス良くて、恋人にはいたれりつくせり、恋の駆け引きもうまければえっちも最高。
何もいわなくてもすべてをわかってくれる、非のうちどこのない男!
わりとこの手の攻め様、多い気がする・・・。(逆に全然ダメな奴もいるのはいるけど)
腐女子のファンタジーだから、そこらへんはまあお約束ですから、こちらもそれこみで楽しんでるんですけど、今回はそれを裏切られましたよ、いい感じに。

崎谷さんの本って厚いですよね。
だから今回読んでて、二人がうまくいくまでがあまりに早くて「あとこんなに残ってるけど、どーなるの?!」という不安にかられました。
まさに弘みたいに(笑)
ある意味それは的中したんですけど・・・。
今回のこの作品は、恋してそこからうまくいくまでのストーリーではなく、付き合いだして、それからのお話なんですよね。
・・・んー、最近、割と崎谷さんでこういうのにあたる気がする。
それで、ものすごく誤解招きそうですけど、恋愛を始めるのって簡単なんだな〜って思います。
難しいのは寧ろ、それから・・・。
恋愛って、人対人のおつきあいですから。
弘と降矢、びっくりするほど、違う人種ですよね。
もし、理屈で恋愛できるのなら、お互いにぜったいに避けて通るくらい、持ってる世界観が違い過ぎる二人だと思うんです。
でも恋するのって、そういう理屈じゃなくて、やっぱり感情なんですよね。
ここが無理とかあれがダメとかそういう消去法してる余裕ないくらい、「この人!」みたいななにかがその時にあるわけですよね。
恋をしました、つき合い始めました。そこまではいいと思うんですよ、そこからですよ、問題は。
生身の人間同士のつき合い、友達じゃなくて恋人でって、特別ですよね、やっぱり。
弘のあのネガティブすぎる性格もどうかと思うんです、確かに降矢の言ってることも正しいんです、でもどうしても納得できない部分もあったんですよね・・・。
何が自分の中で収まり悪いのかな〜って思ったら、二人の会話。
弘と降矢、まるで違う言語で話してるみたいに感じちゃったんですよね。
それくらい、発する側と受け取る側とで、言葉に対する重みとか意味が違ってて。
二人とも間違ったことは言ってないです。
多分、ホントのこと。
でも、それを聞くサイドの人が、同じ言語を有しているか否かで、相当な隔たりがありますよね。
だから、言ってる側は相手が、その言葉で相手が今どのくらいのダメージ受けたなんて、想像もできないしわかりっこないんですよね。
だからこそ、大事なことは言葉をつくさなきゃいけない、でも一度はなたれた言葉はどうやっても覆らない。
そんなめんどくささややこしさを含んでても、この人と一緒いたいと本気で思えるのが、やっぱり恋の力なんでしょう。
この二人は、この先同じように行き違いで揉めたりするんだろうけど、あきらめるんじゃなくて、きちんと解決策を探って。
決して交わらないのかもしれないんだけど、お互いの世界を近付けようと努力するんだろうな。
自分だったら、くじけそうだ・・・。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック