2009年07月27日

BLCD「吸血鬼と愉快な仲間たち2-Love Birth」



<キャスト>
アルベルト:平川大輔、高塚暁:緑川光
忽滑谷:森川智之、津野:遊佐浩二
室井:堀江一眞、酒入:藤原啓治、三谷:前野智昭

<内容>
木原音瀬原作・ミステリー作品のドラマCD第2弾登場!

日本に来て半年が過ぎ、アルもやっと周囲の人々や生活に慣れてきた。
春からは施設に新しいエンバーマー、室井が加わり、暁の職場も賑やかだ。
が、暁は明るく陽気で率直な室井と反りが合わない様子…。
そんなある日、アルにモデル&ドラマ出演の依頼が。
人間だった頃からスターに憧れていたアルは大喜び。
しかし暁は大激怒。
簡単にはお許しが出そうになくて…!?


原作読んでるので、アルの脳みそが出そうになるってことは知ってたけど、知ってたけど、やっぱり痛そうなのはいや〜(泣)



そんなわけで、吸血鬼も第二弾ですね〜。
なにがイイって、ブックレットのSSでしょうか?
パンツに続いて「僕のTシャツ」のアル、可愛すぎる〜(≧∀≦)
ぜひそれ着て、某ライブに出かけて欲しいな〜(笑)

しかし、第二弾はとっても豪華キャストになってますね〜。
あいかわらず、忽滑谷@森川さんは優しくてカッコイイし、津野@遊佐さんはやっぱり気の毒(笑)
そして、酒入@藤原さんの妙な業界人っぷり、最高でしたよ。

それにしても、アル@平川さん、大変だっただろうな〜って。
心の声は普通にヘタレた声なんですけど、話し言葉はあいかわらずのヘタ日本語・・・。
聞いてると、クセになります、ヘタ日本語(笑)
特に「あきら」って言ってるのが、かわいくてしょうがないって!
優香じゃないけど、マネしたくなるもん。
しかも、「あんぽんちん」(笑)
なんじゃそれ!
このお話、原作だとこんなに笑えたかな?っていうくらい、CDになるとコメディ部分が突出しておかしいんですよ・・・。
ところで、今回コウモリの時の声って、平川さん?
前と声が違う気がする・・・。

暁@緑川さんは、今回もすてきにツンデレ。
不機嫌な声ですよね〜。
そして、いつものように、ハードプレイの果ての負傷と思われたんですね(笑)
アルの怪我と、暁のゲイ疑惑は、水戸黄門の印籠なみにお約束だと思ってますが、やっぱりその場面になると、笑い過ぎておなかが痛い・・・。
そういえば、血を飲むシーンが、なんかエロいんですけど・・・。
気のせい、ではないよね?
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック