2009年07月26日

BLCD「犬も歩けば恋をする」



<キャスト>
小山篤:下野紘、今井頼友:平川大輔
山田:中村悠一、田中課長:岡本信彦、他

<内容>
「この縄? あっくんを縛る縄だよ」

突然、元同級生の今井から小説のモデルになって欲しいと連絡が来た。
小山は二つ返事でOKしたものの、小説は小説でもその内容はなんと……SMだった!
かっこよくて万能で、超変態メガネな人気SM官能小説家からの甘〜いラブアタックに悶えちゃう、きゃわわ大学院生受難物語!
コミックス掲載の「山田くんと田中課長」も収録する、盛りだくさんな内容です!

原作の感想はコチラ


ヘンタイスイッチ、オン。


「犬も歩けば恋をする」
今井頼友(cv.平川大輔)×小山篤(cv.下野紘)
私の予想の遥か彼方をいってしまった今井@平川さんのヘンタイぶりにはもう、ただただ爆笑。
普通にしてれば、かっこいい眼鏡男子なのに(笑)
その妄想力、変態性、すばらしすぎる・・・。
そして、あっくん@下野さんは、イメージどおりのかわいいさだったよ(≧∀≦)
どうしてくれよう、あのえっちシーン。
原作は、どちらかといえば、今井の変態度合を楽しむお話なんですが、CDになったらエロ度がぐっとアップ。
っていうか、なぜこんなにエロ増量?!
というくらい、あっくん@下野さんの声がね、うん、すごかったよ。
ご本人もおっしゃってましたが、下野さん、久々ですよねBLCD。
そんな感じもしなかったけどね、実際は(笑)
あいかわらずの、下野さんのかわいすぎるボイスには、腰が砕ける〜。
しかも、そこへ、今井@平川さんの変態が合わさって、なんともいえないハーモニー。
だって、原作よりは、断然セリフがエロいんだよ!
・・・ヘンタイ攻め、ココに極まれり。
SEも、すばらしいコラボレーションでしたしね。

ところで、CDを聞くと、原作では気付けなかった部分に気付くということがよくあるんですが(読解力低いからさ…)、今回も案の定・・・。
第二話って、そんなお話だったんだね。
そうか、そうだったのか・・・。
なんか、ちょっとショックだったよ(笑)
あんなに何度も読んでるマンガなのに、わからなかっただなんて。

そしてやっぱりあの花は、ラナンキュラスだったんですね〜。
そうか、お花屋さんにおいてるんだ、ラナンキュラス・・・。

「山田くんと田中課長」
山田(中村悠一)・田中課長(岡本信彦)
田中課長の歩く音が、可愛すぎる(≧∀≦)
あっくんの女装も音声だとわかりにくいんですが、田中課長のミニマムさ加減もなかなかわかりづらいかなと思ったけど、原作コミックス片手に聞いてたので、平気でした。
山田@ゆうきゃんは、むやみやたらとオトコマエ度があがりすぎ。
でも、課長は帰り道に捨てないで(笑)めろめろにしてあげてください。

「犬も歩けば山田にあたる」
犬恋とやまたなのコラボ作品。
・・・とにかく、今井がヘンタイだと(笑)

トークCD
ゆうきゃんのばっさりぶりが(笑)
それにしても、下野さん、トークをカットされてた?
何を言ったんだ・・・。


そういえば、その昔、平川さんの変態役を『リロード』で聞いて、「変態役はいや〜」よ盛大に叫んでたのは、遠い昔・・・。
まあ、国居荘介と今井は全然違う変態ですからね。
今井はホラ、爽やかに変態ですから。
・・・年々、自分の好みがマニアックなりつつあるような気がしなくもないです(笑)
posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック