2009年06月25日

BLCD「夢を見るヒマもない」


夢を見るヒマもない

夢を見るヒマもない

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: インターコミュニケーションズ
  • 発売日: 2009/06/25
  • メディア: CD






<キャスト>
川村和也:吉野裕行、吉武宏樹:前野智昭
森下功:平川大輔、吉田 薫:三宅健太、他

<内容>
山奥の航空専門学校で出会った川村と吉武。
クールな吉武と同室になった川村は数ヶ月をともに過ごすが、吉武は父を事故で亡くした事を機に去ってしまう。
それから数年、就職先の航空貨物会社で運命的な再会を果たした二人。
航空専門学校&航空業界を舞台としたヒコーキ野郎同士の恋の行方は!?


このお話、原作も大好きで、ユギさんの漫画の中でも、読み返し率がものすごい高いんですよ。
ラブもおもしろいけど、基本的にヒコーキ野郎たちのヒコーキ人生のひきもごもかなと。
ヒコーキばかは、大人になってもヒコーキばかなんだから♪
そんな、ヒコーキドラマでした。
想像してたより、すごく ラブ < お仕事 な感じで、大変おもしろかったです。
・・・しかし、惜しい!
一枚だからどうかな〜と思ってたんですが、やっぱり「服を着るヒマもない」は入ってなかったですね・・・。
森下本領発揮だっただけに、あれは聞きたかったなあ。残念。


山奥の航空専門学校で出会い、その後バラバラの道を進むことになった四人だけど、蓋を開けてみれば航空業界で再会。
そんなヒコーキおばかさんたちの、青春時代と大人になってからの物語でした。
原作まんがの感想書いてないから内容も…と思ったけど、ちょっとまとまらないから、原作の感想はまた後日。(書きました

川村@吉野さん。
吉野さんといえば、私の中ではかわいい悪魔のイメージが強かったので聞くまでなんとなく、川村と吉野さんのイメージがうまくつながらなくて、う〜ん?と思ってたんですが、第一声から川村でした!
あの室内犬系(笑)のきゃんきゃん吠えてる感じで、学生時代はなーんかおばかでカワイイ感じなんですよね。
大人になって仕事中はかっこいいのに、吉武の前にでると、昔に戻ってる感じで・・・。
「スタンバイ」ってセリフ、搭載のおじさんのときと吉武のときと、違う気がするもん。

吉武@前野さん。
ここ最近、お名前だけはあちこちでお見かけしてたんですが、アニメでもドラマCDでもなぜか出会わず・・・。ようやくです!
っていうか、こういう攻めの声好き!二枚目ボイス!
吉武って、わりとクールだし、感情表現豊かな川村とは逆のタイプで、しれーっとスゴイコトしてるんですよね。
あっちゅうまに、森下先輩の毒牙にかかってるし(笑)
でも、川村には、いじわるしてみたり、エロいことしかけたり(したり)、弱みみせたり、表情がくるくる変わってるな。
しかし、フリトCD聞いてて思ったんですが、前野さんって、声が吉武の時と普通にしゃべってる時と声の感じが違う?
前野さんの他のCDも聞いてみたいなあ〜。

森下@平川さん♪
きゃー、悪魔降臨〜(≧∀≦)
ということで、森下先輩は、やっぱり悪魔でしたよ(笑)
学生寮で後輩をたらし込むなー。
エロー(≧∀≦)
それにしても久々に、平川さん♪の美人声〜。
基本的に森下は、声がすっごい優しくて穏やかなんですよね。
アメリカから帰国して吉武に電話したシーンの「もしもし」が、もー!!!!!
じたばたするほど良かった。
でも、吉田には酷いよね、基本(笑)
三宅さんとのコンビ、すごくいいのに〜、「服を着るヒマもない」がないだなんて!
雑誌の付録にでも!…と思ったけど、シャレード、雑誌ないじゃん(泣)

吉田@三宅さん。
・・・吉田先輩、出番少ないよ〜。
出番少ないけど、すばらしいお父さんっぷりでしたね(笑)

原作マンガ読んだ時は、えっちシーン長いし、ユギさんだし(笑)ぎゃーエロいよ、と思ってたけど、CDで聞くと、エロよりはヒコーキおばかさんたちの情熱に聞きほれました。
吉武×川村のえっちは、原作ほどねちっこくない(笑)どちらかといえば、カワイイ雰囲気のえっちでしたね。
吉武×森下は、ほらまあ、悪魔ですから(笑)
いつもの平川さんだったよ。

ところで、初回特典のフリートークCDは、平川さんが司会でした!
そういえば、平川さんと三宅さんって、よくご一緒されてますが、同級生ってはじめてだったんだ?
・・・っていうか、私は、三宅さんが自分よりお若い方だと知ったのが、つい最近。
あんなフェロモンボイスな年下男子、出会ったことないよー!






yumehima.JPG









posted by 棗 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック