2009年06月14日

15センチメートル未満の恋:砂原糖子



※ネタバレしてます。

<あらすじ>
これは夢に違いない―。階段から落ちたことがきっかけで身体が12分の1サイズになってしまった雪見。一人では生活も仕事もままならず、その場に居合わせた美大時代の同級生・伏木野の作ったドールハウスで暮らすことになる。伏木野の作るハウスも彼本人も大嫌いな雪見だったが、何を考えているかわからない伏木野に不器用に世話を焼かれるうちに…?目覚めてからの後日談初Hも収録。手のひらサイズの恋物語。
ドールハウス作家×建設模型製作者モノ。

エロ番長・砂原糖子さん!(笑)


この設定を見て、即座に「○くんの恋人」が思い浮かんだ、昭和型人間、棗です。
あれも、大概エロかったけど、これもエロかったです(笑)
この設定じゃないとできないプレイとかね。
砂原さん、なにかが振り切れたんだろうか・・・。

美大時代の同級生の雪見と伏木野。
その伏木野の個展に足を運び、久しぶりの再会と同時に階段から落下、結果、雪見は15センチのボディになってしまう・・・。
雪見と伏木野は同じ美大に籍を置き、”ドールハウス”作成という同じ方向で競い合っていたものの、お互いの持つ本質の違いから、その方向性は全く逆。
精巧・精密な雪見と、大ざっぱ(に雪見にはみえる)伏木野。
コンプレックス感じないわけじゃない。
しかも、伏木野に美大は向いてないと言われ、ますます伏木野の印象が悪くなり、寧ろ嫌い。
そんな大嫌いな伏木野に、世話をされるハメに陥ってしまう雪見。
言葉が足りなくて、表情が乏しくて、思ってることの半分も伝わってこないような伏木野だけど、その伏木野の作ったドールハウスで生活することになって雪見は、伏木野という人となりに触れていくことに。
自分の生み出す模型とは違い、生活が感じられそうなドールハウス。
いいかげんに思えていたのに実際目の当たりにしてみれば、それはどこまでも計算し尽くされた出来で、大ざっぱとかいい加減とかからは程遠い。
だれよりも”家”という存在に執着してたんだということを知ってしまう。
伏木野は、親に見捨てられたコで、でもそれを本人は苦にも思ってないふしがあるけど、それは表に出てこないだけど、奥底にはいろんな思いがつまってる。
だから、学生のころ、おなかを空かせていた自分にパンを食べさせてくれた雪見を好きだと言ったんだと思う。
モノにつられてたんじゃなくて、おなかが空いてる自分に気付いて面倒みてくれた、そのことが大事だったんじゃないかなと。
どんな時でも、言葉が足りてなくて、空気読めてなくて、思考回路はちょっとズレぎみな伏木野だけど、最後にとんちんかんなプロポーズのあとでた言葉、あれがすべてだよね。
「家族になってほしい」は雪見じゃないけど、ちょっときたよ・・・。

しかし!15センチのときのえっちシーンは、ちいさくてかわいいからできるプレイだよね。
書き下ろしの「1/1スケールの恋」のは、ちょっと想像してなかったから、ヤラれた感でいっぱい(笑)
でもこのミニマムえっちはしょせん夢物語かと思うと・・・どんだけエロい夢見てんだ、お前らは!と思ったり思わなかったり・・・。


posted by 棗 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>砂原糖子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棗さん こんにちは〜♪

>どんだけエロい夢見てんだ、お前らは!と思ったり思わなかったり・・・。

あはは、ホントですよ!
でも夢は思う相手が見せているともいうから、やっぱり乗せたがっているのは伏木野じゃないの〜?(笑)

それにしても私は〇くんは全然内容を知らないままだったのですが、そうか、エロいんですね…だいたい内田春菊さんて読んだことないので気になりだしましたよw
私は〇くんとはべつに田中課長が頭に思い浮かびましたが…あとはちょっと違うけどブルボン兄弟とかね!(≧▽≦)
ボミックで中井&宮田さんがやってたのもチビ淫魔だったし、にわかにミニチュアブーム到来かも?楽しいですね!(笑)

TBいただきますのでよろしくお願いしまーす♪
Posted by ゆちゅらぶ♪ at 2009年06月17日 10:32
ゆちゅ♪さん、こんばんは♪

>夢は思う相手が見せている

あ〜なんか古典にそういうのがあったような…。
伏木野って、そう思うとかなりのむっつりスケベ(笑)

○くんは、私もそんな読んでるほうじゃないんですよね。
ドラマは全く見てないですし。
なのに、原作マンガのエロいとこだけ読みました(笑)
・・・ホント、どーしようもない人です、私。

私も田中課長思い浮かびましたよ〜。
ミニチュアブームは、個人的には大歓迎ですが、ネタがかぶりそうですよねえ。
プレイ関係は特に(笑)
・・・攻めがミニとか?
無理ですね・・・さすがにそれは。

コメント&TBありがとうございました!

Posted by 棗 at 2009年06月17日 20:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/121461851
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

15センチメートル未満の恋
Excerpt: 15センチメートル未満の恋 (新書館ディアプラス文庫) この商品の他のレビューをみる» 砂原 糖子 新書館 ..
Weblog: 水中雑草園
Tracked: 2009-06-17 10:33