2009年05月23日

ROMES 06 誘惑の女神:五條瑛


五條 瑛
Amazonランキング:49107位
Amazonおすすめ度:



西日本国際空港で開催が予定されている『魅惑のジュエリー展』。展示の最大の目玉は、純金の女神像。だが、伝説的なテロリスト、フランチェスコ・アウレリオを名乗る犯罪者の狙いは、女神だけではなかった。標的は、西空を守る世界最先端の施設警備システムROMESと、その天才運用者・成嶋優弥。十余年前、ROMES開発の裏で起きた裏切りの連鎖が、今回の事件を招いたのか?人ゆえの情と思いがけない行動に、ROMESと成嶋の知が試される―。


「信用していいんだろ?」は、砂村を永遠に縛る甘い首輪になったのね。

前作「ROMES 06」ではサリエリだった砂村も、今作ではすっかり忠犬と化していた。
しかも、成嶋の愛犬・ハル以下の扱いのワンコ。
いきなり、成田空港に出張を命じられてて、帰りたいのに帰れない。
だって「帰ってこい」って、言ってくれないんですよ、ご主人様は。
成嶋のドSが発動しまくりです。
どんなお預けプレイだよ(≧∀≦)
でもきちんと待てができるコだけどね、砂村は♪
今回の敵は、成嶋の過去とリンクしてくるテロリスト。
不本意ながら、働かなくちゃいけない成嶋、ROMESの前に座ってるだけじゃダメなんですよね。
そこへ、ワンコを呼び戻すわけですよ、砂村的には遅い!だろうけど、成嶋的にはベストのタイミングなんだろうね。
その時の砂村の喜びようといったら(笑)
ちぎれんばかりにしっぽ振ってるよ・・・。
そして戻ってくるなりお茶汲みしてるし(笑)
しかも後輩に居場所とられちゃうし。
・・・拗ねてるね。
でもやっぱり、成嶋と砂村は、あの一言ですべてが決まってしまったんですよ、あの瞬間に。
砂村は成嶋から離れられないし、成嶋も砂村を手放す気は全くないですね。
ラスト近くで、犯人を追い詰めるシーンで、砂村とハルが犯人と格闘するんですが、そこへ来た成嶋はひたすらハルを心配するんですよ。
砂村のことは一切眼中なし。
それってようするに、信じてるってことですからね。
砂村のこと。
砂村はそうだと思ってないだろうけど、成嶋のは深過ぎるよ、愛が(笑)

西日本国際空港自体、モデルは関空かなあと思うんですが、登場人物のあれこれが、気になります。
特に、田尻。
ものすごく私はあの事件を思い出した・・・。
フィクションなんだろうけど、どこか現実が重なるところがありますよね、五條作品は。
そういうところがおもしろさであり、怖さですが。

それにしても、砂村の成嶋へのただなる思いを感じるシーンでしたね、あのラスト。
砂村の前にいるのは、成嶋優弥であり、そして誘惑の女神。
それって、どんな愛だよ・・・。



posted by 棗 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 萌え | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック