2009年05月07日

奥さまは18歳! :ひちわゆか


ひちわ ゆか
Amazonランキング:3928位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
しっかり者の新妻・18歳の智生(専業主夫♂)は、愛する旦那さま(公務員♂)のため今日も料理に家事に奮闘中。そんな健気な奥さまの誰にも言えないヒミツ…それは関東最大のヤクザ組織の跡取りってこと!平凡な奥さまでいたいという願いむなしく、秘密カジノで、人妻の貞操をかけたギャンブルに挑むことになってしまう。そこで出逢った旦那さまそっくりの闇の帝王キングって…!?大幅加筆改稿&エッチ増量でついに登場
公務員×専業主夫モノ

ようするに、そういうお話です。


※ネタバレしてます。


ひさしぶりのひちわさん名義の本だ〜♪と思って、購入。
・・・多分ね、ひちわさんじゃなかったら、買ってないと思うんですよ。
このあらすじで、すべてが想像つくもん(笑)
フツーに男同士で結婚して、それで当然のように社会生活を送って・・・って、そのありえないシチュエーションで、且つ、ヤ○ザの跡取りだし(笑)
トンデモストーリーと言わずして、なんという!
でも、おもしろく読めてしまうのは、やはりひちわゆかクオリティとでも言うべきか・・・。
春抱き以上の、フリーダムな世界だよ(≧∀≦)

そんなわけで、男同士の恋愛ゆえの葛藤とか切なさとか、そういうのもとめてしまうと、完全に当てが外れてしまうんですよ。
どっちかっていうと、ヤ○ザモノにあるかもしれない、実は自分の実家がそうなんだけど、知られたくない、どうしよう的な悩みで右往左往してるお話なので。
こうやって書くと、なんかすごく明るいハイテンションな話に思われそうなんですが、深読みすると結構すごくない?って気がしました。
智生は、ヤ○ザの跡取り候補ではあるんですが、こういった生活からは完全に手を切ってるつもりなんですよ。
実際、まわりがほっとかないので、常にフルスモークの車がうろうろしてるような状況なんですが・・・。
だからこそ、やっと手に入れた”普通”の生活にすごく喜びを見い出してるんですよ。
公務員の旦那さまのためによき妻となるべく、料理に精を出したり、一円でも安い食材を求めスーパーをめぐったり、家事に奮闘してみたり。
それがあたりまえで幸せかどうかは個人の基準なので、私にはわからないんですけど(笑)智生には、それこそが自分の思い描いていた”幸せな家庭”なわけです。
絶対に壊したくない、なくしたくない生活を、手に入れたんですが、どうしたって昔の生活をすべて切り捨てることもできず、なんとなく付かず離れずの関係を保ってしまうんですよ。
そして、本人が望まなくても、血とは因果なもので、すばらしいカリスマ性を持った先代に、容姿も性格もよく似てるんです、智生は。
旦那さまにだけは絶対に知られたくない、本当の自分。
でも、そんなとき、ある事件をきっかけに、智生はまたその世界に深く関わることになってしまい、そこで旦那さまそっくりの闇の帝王キングに出会ってしまい、ご無体をはたらかれてしまいます(笑)
そもそもその事件に首を突っ込むハメになったのは、智生が持つ極道の血がさせるものだったんですが、やっぱりヒトって簡単には捨てられないんだよね・・・。
どんなにその世界とは関わりがない普通生活してる一般市民だと本人が思い込んでても、片鱗がもう顔を出してるから。
しかも、一流の。
本人に自覚がなくても、まわりはもう気付いてる。
だれもかれもが。
となれば、当然旦那さまだって。
あらすじ読んで、想像したとおりでしたが、キングって旦那さまなんですよ。
旦那さまも、もともとその業界のヒト。
それがなぜ、一介の公務員なんかしてるのかって、すべて智生のため。
智生が望む普通の幸せな家庭を築くために、いままであったすべてを捨てたんですよ。
だから、標準タイプのマンションに住んで、吊るしのスーツ着て、以前とは比べ物にならない給料で、朝から晩まで働いて。
でも、それこそを幸せと感じてる。
智生は旦那さまの正体は知らないけど、旦那さまは智生のことは最初から知ってる。
この二人、重大な秘密を抱えていながら、それが表にでないようにしながら暮らしてる。
その秘密を知ってしまうと、このささやかだけど大切な生活は、あっという間に消えてしまう。
人って、多少なりとも秘密や隠し事はあると思うんだけど、でもこんなにもおおきな秘密を持っていながら暮らしていくことの意味ってなに?みたいな・・・。
嘘で塗り固められた幸せってなんだろうって。
もう絶対に隠し通せるというレベルを超えてしまってるこの秘密。
すべてが暴れたとき、この二人の生活ってどうなるのかな?
幸せな家庭の基準なんて、人それぞれだけど・・・。
はかなすぎる、夢のようなものなのかな。
ただ、その嘘がすべて愛する相手のためっていうのが、救いなのかも。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック