2009年05月04日

BLCD「ドロップアウト 甘い爪痕」



<キャスト>
能瀬修哉:平川大輔、劉華勝:三宅健太
メッシュ:成田剣、クロ:鈴木達央
劉華炎:梶裕貴

<内容>
新宿でモグリの医者として診療所を開いている“白衣の堕天使”こと能瀬修哉。
彼のもとに、突然、香港からの来客がやってくる。

「待たせたな、修哉。相変わらず、色っぽい顔だな」

劉華勝(リュウ・ワセン)。
危険な香りを放つ野獣――。
彼は5年前、香港で出会ったマフィアの幹部で、修哉を追い詰めた男だった……。
なぜ彼が自分を弄ぶのか。
彼の真意がわからず恐れ戸惑いながらも、華勝との関係を断ち切れないでいる修哉。
そんなとき、修哉は新宿を根城にするヤクザたちと香港マフィアの抗争に巻き込まれてしまう――!
「おまえは俺の『愛人』になる覚悟はあるのか?」




三宅さんと平川さんコンビ再び〜♪
「是-ZE-」のお二人なので、スゴイ楽しみにしてたCDです。
しかし、この三宅さんのフェロモンでまくりのボイスはなに〜(≧∀≦)






内容に関しては、原作小説の感想(→コチラ)書いてるので、割愛(笑)
でも、なんか小説とCDとは感じ違うなあ。
CD一枚にきゅっとおさめてるから、ものすごいはしょってあったよ・・・。

修哉@平川さん♪
実は、このキャスティングに意外性をかんじておりました。
だから逆にどんな感じになるかな〜と。
モグリの医者という役どころですが、もとはボンボンなので、なんとなくお上品さがあるなあ。
おっとり…とは違うんだけど、なんとなくゆっくりした感じで話してて、それがよいのです。
五年ぶりの華勝との再会に最初は緊張をはらんでたけど、だんだんと柔らかくなっていくんですよね〜♪
えっちシーンでは、声がいつになく高めで、私は鼻血吹きそうだった。
・・・やはり平川さんのエロ声はヤバイよ。
そういえば、平川さんの受けは久々だったかも・・・。

華勝@三宅さん。
三宅さんって、やっぱマフィアとかヤ○ザとか、そういった役どころ似合うな〜と(笑)
だから、キャストの発表で、うんうん♪と思ってたんですが、実際CD聞いたら、予想外?
わりと怖い声っていうか、怒鳴ってるとか、すごんでるとか、オラオラ系なイメージがあったんですけど、今回はめっちゃ雄フェロモン全開・・・。
頭から食われちゃいそうだよ(≧∀≦)

クロ@たっつん。
いままでやんちゃな若者役をきくことが多くて、クロ役と聞いても想像がつかなかった!
あの、小憎らしいクロをたっつんが〜と思って聞きはじめたら、なんともムカツク、クロちゃんでした(笑)
だるーい感じの、つかみどころのない若者。
「了解?」のところが、なんかハマってるんだけど、むっとしちゃうんだよね。
この子は、是非シロちゃんに食われて欲しいんですが・・・。

メッシュ@成田さん。
・・・原作でも、ムカツクヒトなんですが、CDでも本気でムカツク(笑)
成田さんの声がとてもいい人な声なだけに、メッシュの腹黒さがマジ腹たった・・・。

劉華炎@梶さん。
一番の予想外・・・。
今まで梶さんって、かわいらしい系のキャラをされてるのしか聞いたことなかったので、華炎みたいな退廃的なエロさ持ったキャラってどうなんだよ〜と思ってましたよ。
そしたら、梶さんの声が、すんごい低くてびっくり。
「ブレイクアウト」までCD化されるといいのにね〜。
そしたらパクはだれかなあ。

なんか、内容どうのこうのっていうよりは、声優さんのひき出しの多さに感動した一枚でした。

posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック