2009年04月26日

ゆっくりまっすぐ近くにおいで:渡海奈穂



<あらすじ>
印刷会社営業の稲田は自社の印刷機の故障で刷れなくなった緊急の印刷を、町の小さな印刷屋で引き受けてもらう。そこの社長・大内は口は悪いが懐が広く、初対面の稲田が見とれるほどの美形。たちまち恋に落ちた稲田は、以来せっせと彼のもとに通い口説きまくるが、大内は拒否こそしないが受け入れてくれるわけでもなく…?年下ワンコ攻×クールビューティー受。商業誌未発表作をHシーン含め大幅加筆で文庫化。
印刷会社営業×印刷屋社長モノ。


帯の”商業誌未発表作を大幅加筆で文庫化”の意味がわからなくて、しばし悩みました(笑)
ああ、同人誌からの再録ね。
物分かりが悪くてスミマセン・・・。



ゆちゅ♪さんから、情報をいただいた、この本!
金さんのイラストで、大型ワンコ〜。
しかも、基本姿勢の土下座あり!
これぞワンコだよ(≧∀≦)と大喜びだったんですが、読み出したら大内の元ヨメのインパクトが強過ぎて、ワンコが霞む・・・。
元ヨメ・・・ヤンデレ?

気を取り直して、ワンコ(=稲田)です(笑)
印刷会社なのに、ヨソの印刷所に仕事持ち込むなんてあるのか!と、あらすじ読んで思いましたが、そういうこともあるのね〜と、なんとなく納得。
しかし急ぎの仕事抱えてるのに、機械トラブルを同僚から教えてもらえないないなんて、どんだけ嫌われてるんだ、ワンコ・・・。
みんなに愛されてこそでしょ!ワンコは。
それにしても、こういうときに同じ組織で働いてて、他人の足引っ張って楽しいんだろうか。
結局それが会社全体の評価につながって、自分も損するんじゃないかと・・・。
それを上回るほど、ワンコは嫌われてたのかと思うと、私は悲しいよ(笑)
ただこのワンコの行動理念は間違ってないと思うんですよね。
仕事なんだから、それなりの成果出さなきゃいけないし、一生懸命にやった結果なんだし。
別に、相手のことが憎くて困らせてやりたいとか、そういうのじゃないから。
寧ろ、ご主人様に褒めてもらいたくて頑張ってるワンコにしか見えないよ。
だって、無理なら無理って言えばいいじゃん・・・。
この仕事はこれだけかかるから、この日程だったら、不可能だ!とか。
それをしないで、一方的にワンコを責めるのはどうかと。
・・・と、ワンコ好きとしては、ワンコの肩を持ちたくなるんだよね(笑)

そんなワンコの絶体絶命のピンチに現れたのが、大内なんだけど、大内どんだけフェロモン垂れ流してんでしょうか(笑)
老若男女とわず、ストーカーに誘拐に、ヤンデレってさあ・・・。
本人がちっとも自分にかまってないことに反比例して、変なのがよってくる。
本人も自覚はしてるけど、どうしようもない。
ワンコなんてイチコロダヨ・・・。
ワンコは確かに、大内の容貌にも惹かれただろうけど、やっぱり大きいのは大内の人柄の方だよね。
せっぱ詰まった仕事も完了、そこにアルコールも入って、ちょっとガードが緩んじゃう瞬間ってあるのかもしれない。
でも、初対面の相手に、自分の弱み見せるのって、怖いし勇気いることかなと。
それができたのって、大内の懐の広さが垣間見えてたからなのかもな〜と、感じました。
ワンコの方が全然図体でかいのに、精神的な包容力から言えば、断然大内かな。
年齢もあるんだろうけど、やっぱり人生の経験値の高さかも。
ワンコの経験してないことを、あれだけ乗り越えてたら、人間大きくもなるんだろうな。
その大内、さすがに難攻不落(笑)
ワンコのストレートな口説きでは、なかなか落ちないよね。
まあわかってて、のらりくらりとかわしてるって感じなんだろうけど。
でも、あんなカワイイワンコから、かまってかまって攻撃受けたら、ほだされるってもんでしょ。
あのほだされ感(笑)が私的には、ツボ!
あの仕方ないな〜と、愛しいな〜が半々みたいな感じが。
それくらい、ワンコが一生懸命なんだけどね。

なんていうかこの作品、自分が思ってることは正しくて、しかもそれは何も言わなくても相手に伝わってると思い込んでるヒトの多いこと・・・。
そうだったら、もっとラクだってば。
そうじゃないから、みんな人間関係がんばってるんじゃん・・・。

ところで、大内の年は32歳くらいと勝手に想像してたんですけど、真相はいかに!

posted by 棗 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>渡海奈穂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棗さん こんばんは〜♪

>基本姿勢の土下座あり!

基本姿勢!?ワンコの基本は土下座だったんですか!(笑)
いやー、奥が深いなー、ワンコ道!(>▽<*)

私は稲田が可愛くて「可愛いなーこの野郎!」ってそれで大変楽しかったんですが、この作品のポイントって実は元嫁?
あのイッてる元嫁に対する許容度で作品自体の印象がだいぶ変わってくるみたいですね〜w

自分的には大内の無関心さが元嫁の行動に拍車をかけてるんだろうから、一概に嫁ばかり責められないなーと思っちゃったり。
かといって行為は許せるものじゃないですけどね。

ではではTBいただいてきますので、よろしくお願いします♪
Posted by ゆちゅらぶ♪ at 2009年04月26日 21:24
ゆちゅ♪さん、こんばんは♪

ワンコは大型になればなるほど、土下座が似合うのですよw
無理してちっさくなってて。
しかも、怒られる前に謝るコが多い気がします(笑)

>この作品のポイントって実は元嫁?

そんな気がしますね〜。
あれほどイってしまわれたキャラじゃないと、ワンコを拉致監禁の上緊縛なんてことしそうにないんで、まあ必要ではあったんでしょうけど…。
あの手の会話のできないヒトは、キツイです。

>大内の無関心さが元嫁の行動に拍車をかけてる

ゆちゅ♪さん、深いです…。
私はどうも公平な目でみれてないですね。
大内も、その辺自覚はあるみたいでしたけども。
ただ、可哀想なことに、元ヨメのあの性格って傍から見たらただのワガママにしか見えませんね…。

コメント&TBありがとうございました。



Posted by 棗 at 2009年04月26日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ゆっくりまっすぐ近くにおいで 〜妄想ワンコ会議開催!〜
Excerpt: ゆっくりまっすぐ近くにおいで (新書館ディアプラス文庫 212) 渡海 奈穂 JUGEMテーマ:読書 これを読んだあとでなにか無性にワンコが読みたくなって、「幸運の理髪師」を読んだんです..
Weblog: 水中雑草園
Tracked: 2009-04-26 21:26