2009年04月02日

純情3:富士山ひょうた


『純情3 限定版』富士山ひょうた
フロンティアワークス ダリアコミックス

<あらすじ>
高校時代の初恋の相手・倉田と偶然再会したライターの戸崎は、当時の想いを暴かれ、身体を重ねるようになる。再び倉田を好きになった戸崎に、倉田も本気を自覚し、ついに両想いに。だがある日、玄関先でキスしていたところを倉田の母親に見られてしまう。関係を知られてしまった二人は、改めて自分たちの関係や立場の違いについて考え――…。大人気作品、いよいよ完結!
会社員×ライターモノ。

「純情1.2」の感想はコチラ

脳内変換の妄想がいきすぎて、読んでるときの私は相当な危険人物(笑)
ああ、五月が楽しみだ♪





この三巻で完結ということで、どういう締めくくりになるのかなと思ってましたが・・・。
そうだよね、この人たちスタートラインが根本的に違うんだよね。
戸崎はゲイなんだけど、倉田ってストレート。
倉田も、戸崎以外その気にならないって、言ってますが、それって戸崎以外は男を好きになることはないってことで。
今まで何人かの男と付き合ったことがある戸崎と、大きく違うところなんですよね。
そのことで二人がぶつかることもなく、それが原因で気まずくなるわけでもないけど、でもちょっと悩むのも当然かなと・・・。
しかも、そこに倉田の母親が入り込んできます。
2巻読んでて、どんだけ酷い母親かと思ってましたが、意外と普通だった、ただ思い込みが激し過ぎるだけで。
彼女の言ってることが正しいとも間違ってるとも、断定はできません。
でも、少なくとも、この人はこの人なりに、息子のことを愛してるし、幸せを願ってるんだろうとは思えました。
成人した息子にあそこまで干渉するのもどうかと思うけど、でもやっぱり母親にとって息子って特別ですからね・・・。(子供のいない私が言うのもなんですが…)
ただ、そうやって二人を別れさせたいとおこした行動が、結果二人にこれからの関係を考えさせるきっかけになってしまったわけです、皮肉なことに。
戸崎は、初恋の相手と恋人同士になれて、しかも気持ちもどんどん近づいて、今までにはないほど大事な関係築いてると思う。
でも先のことは、やっぱり不安だっただろうなと。
幸せな将来を思い描くのは難しかったんじゃないかと。
恋愛に対する根本の違いがあるから。
いつか自分じゃなく、女を求めてしまうかもしれない、結婚という言葉で離れていくかもしれない、そんな未来をずっと恐れてただろうなって。
高校生の頃、自分に向けられる視線に気付きながらも、それを確かめることも無視することもできなくて、ただ思い出ばかり膨らませてしまった倉田。
しかも、ふたりのはじまりだって、あんまりいい形じゃない。
素直になるきっかけ完全に失ってるのかなって思えるくらい、倉田は自分のプライドばっかりが前に出てきちゃうんですよね。
でも、この人、自分の気持ちに向き合った時、ここまではっきりきっぱり言えちゃうんですよ。
好きだという言葉すらなかなか戸崎にいい出せなかったのに、自分たちの将来のことはあんな風にさらっと、しかも絶妙のタイミングで。
あれだけは、戸崎からはいい出せなかった言葉だと思うんです。
寧ろ倉田じゃなければ言えなかった。
恋愛するのに、一方だけが負い目を感じるなんてことはなくていいと思ってます。
一人でするものじゃなくて、ふたりでするものですから。
倉田のあのセリフで、戸崎のなかにあった、倉田に対する負い目みたいなのはなくなったはず。
・・・しかし、うまくいったカップルのらぶらぶっぷりって、読んでて笑っちゃうんだよね〜、ほほ笑ましくて。
本編の続きが、限定版の小冊子にありましたが、まさにバカップル(笑)
紆余曲折の後だけに、甘さもひとしお♪

そういえば、その冊子の中に、雑誌にCDが〜みたいなことが書いてあったんですけど!
付録?
・・・また私は雑誌を求めて右往左往するハメにおちいらないといいけどな(笑)
posted by 棗 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(0) | BL(マンガ)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
発売中のルチル誌上で全プレやってますが、「ディア・グリーン」の方です。
そのことかな?
矢島縁:中村悠一、音海紘:武内健
申し込みは今月いっぱいらしいですよ〜
Posted by とおりすがり at 2009年04月03日 18:25
とおりすがりさん、こんばんは。

書き方悪いですね・・・。
CDは雑誌ダリアに「純情」のコミックスの内容のがつくみたいです。

ルチルの全サは、別のキャストさんが気になって、どうしようかな〜と思ってたんですが、富士山さんの作品もCDに入るんですか。
・・・ああ、ますます気になります。
今月末が締め切りなんですね、しばらく悩んでみます。

コメントありがとうございました。
Posted by 棗 at 2009年04月04日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック