2009年03月30日

ビターショコラの挑発:崎谷はるひ



<あらすじ>
知る人ぞ知る玄人筋のジャズバー『3.14』を取り仕切る、怜悧な美貌のマネージャー・雪下玲二。最愛の甥・希とその恋人・高遠の関係に釈然としない思いを抱きつつも、それ以上に彼を悩ませているのは、かつての恋人であり『3.14』のオーナーでもある東埜義一と、彼らのもうひとつの顔『L.C』の存在だった。だが、気まぐれな彼の言動に疲れ、限界を感じはじめた玲二に、義一はただ不可解な笑みを浮かべるばかりで―。悪辣なオトコの手管に、なす術もなく絡め取られていく―その、至福の快楽。
オーナー×マネージャーモノ


ミルクラシリーズの叔父カップルです。
一緒に買ったミルクラの4冊目はまだ読んでないのに、こっち先に読んじゃった〜。
だって、皆さん本編CPよりこっちのアダルトCPをものすごいオススメのようなので。
そしたら、激萌えだよ(≧∀≦)
私が攻めのセリフでナンバーワン萌えゼリフもあったし!


ミルクラシリーズ第一作目「ミルククラウンのためいき」の感想はコチラ


※ミルクラシリーズ含めて、ネタバレぎみです。



雪下玲二という人は、最愛の甥っ子・希を本当に大事に思ってるんですよね。
ミルクラの方では、なぜ彼がそこまで希を全力で守って、愛してるのかは書かれてなくて。
確かに、その時希が置かれていた状況があまりにも悲惨だったというのはあるけれど、でもただの叔父と甥という関係だけで、まだ随分と若かった玲二が希を引き取ったというのが、ちょっとナゾでした。
自分だったらできるかなと、考えたんですよ。
たとえ金銭面がクリアできたとしても、人を一人育てるって、難しいかなと・・・。
でも、この「ビターショコラの挑発」でそのあたりが鮮明になって、そうなのか、と。

芸能界にも家族にも見捨てられてしまった希。
玲二も家族に捨てられた存在だったんですね。
玲二は家族の中で居場所がなかった人で、そんな玲二に居場所を与えてくれたのが、義一。
でも、そのことが原因で、本当に家族に捨てられてしまう。
そんな痛みを知る玲二だからこそ、希の気持ちがわかるんだろうな。
本当は一番である居場所の”家”から捨てられてしまった人だから。
だからこそ、一生懸命に希の保護者をするんですよね、玲二。
ご飯一緒に食べるとか、ひきこもり気味の希を外に連れ出したり、でも学校に行くことを強要しなかったり。
見守るだけじゃない、おっきな愛だよね、怜二のは。
そうやって時間をかけて居場所を見つけられた希が、心から誰かを愛せるようになったのは、玲二の存在がすごく大きいと思う。
人が怖くて、話すことに臆病になってる希が、ああやって、自分の気持ちを伝えられるようになったのって。

その希の前では、玲二って立派な大人。
きちんと保護者の役割果たしてる。
玲二自身も、昔は希みたいにすごく傷ついた時期あるのに。
あんな風に、誰かを慈しむことなんてできないんじゃないかってくらい、絶望したのに。
でも、希をあんな風に育てることができたのは、玲二のそばに義一がいたから。
玲二と義一の関係は、傍から見るよりずっと複雑。
でも義一にかかれば、とてもシンプルでわかりやすい関係なんだろうね。
そこらへんの思考は、やっぱり玲二の過去からきてるのかなと思わずにはいられないんですが。
14年という年月かけて、くっついたりはなれたり。
玲二がその関係に疲れてしまったのって、トラウマあのかなあ・・・。
捨てられる怖さを知ってるだから捨てられる前に捨てたいとか、捨てられたくないから気持ちが重たくならないようにしようとか。
多分、玲二って思ってることと、真逆の行動することで、義一との関係がきれないと思ってるところがありますよね。
学生の頃出会って、今はすっかり大人になって。
段々嘘をつくのもうまくなるし、誤魔化すことだって得意になる。
そして、大人になると、素直になるのがやっぱり難しいかな・・・。
そうやって、自分でどんどん悪いほうに追い詰めてしまう玲二に対して、義一ってそれを上手い具合に受け止めちゃう。
義一って、その素性からもわかるように、やっぱり器が大き過ぎる。
すべてが愛のなせる技だから。
出会ってから今まで、玲二があれこれ考えてたことも、義一の手のひらで転がされてたくらいのことなんですよ、結局。
当たり前過ぎてわからなくなるほどの愛でがっちり包み込んでしまう義一の思いは、玲二の気持ちの重さの比なんかじゃない。
希の前で立派な大人であって、甘えることができない玲二を、甘やかすのができるのは、この世で義一だけ。
そうやって、義一がすべての主導権握ってると見せかけて、でも玲二にめろめろに振り回されてるっていうのがいいよね。
だって「やり殺す」だよ!
そのセリフだけで私は満たされた・・・。




この記事へのコメント
こんばんは〜

ビターショコラ、萌えますよねっ!
玲ちゃんがめろめろになるまで甘やかす義一が好きなんです〜。
棗さんの感想を読んで、また読みたくなりました(笑)
発掘してこなくちゃ〜

Posted by 成田智 at 2009年03月31日 23:27
成田さん、こんばんは〜。

萌えましたよ〜(≧∀≦)
本編CPも好きなんですけど、素直になれない大人CPもいいです〜。
読むまでは、あらすじ読んでちょっと切ないかな〜?イタイかな〜?と構えてましたが、想像以上の甘さににまにましちゃいました。
しも、ヤリ殺すって!
感無量な一冊でした(笑)

コメントありがとうございました!
Posted by 棗 at 2009年04月01日 21:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック