2009年03月29日

Spring has come!:月村奎




<あらすじ>
高三にして一家の家事全般を請け負っている大輔は、家族のことを考えると東京へは行けないと地元の大学の推薦をもらったものの、もっと別の人生を選べたはずなのにという鬱屈を溜めていた。ところが駅前の商店街で小さな惣菜屋を営む耕平と出会ったことから…!?表題作のほか、耕平の店でバイトを始めた大輔のその後を描いた書き下ろし「春の嵐」を収録。曇りのち晴れ、恋の季節のTeenage Precious Story。



読んだのは随分前です。
イロイロ思うことがあり過ぎて、感想になりませんでした。
ということで、本の感想ではないです。




月村さんの「ビター・スイート・レシピ」が出たときに、この作品に似た感じっという感想をお見かけして、「えっ、そうなんだ?」とちょっと驚いたというか。
私、そんなこと頭の中でかすりもしなかったんですよ。
「ビター・スイート・レシピ」はとても月村さんらしい作品だな〜って。
傷ついた人とそれに手を差し伸べる人の、とっても優しい物語だなと。(あ、感想書いてないです…)
そう思ったんですよ、単純に。
でも、この「Spring has come! 」は、そう思えなかったです。
なんか、自分のなかで隠してる部分暴れた感があって、正直読み返せません。(でも持ってる)
確かに最終的に、大輔は前に進むんだけど、でもそれまでの部分がキツイ・・・。
多分、私はこの「Spring has come! 」は、BL(…っていうか、エロないし)だとか、月村さんらしい物語だとか、そういう部分よりは、家族における姉妹兄弟の立ち位置の部分がものすごく自分的に堪えたなあと。
なんか、あの大輔と妹弟たちとの会話部分だけが、この作品の核なんじゃないかというくらい、その部分ばかりが印象に残ってます。
すべての長男長女(ここでいうのは、第一子の、という意味で)の方々が同じように思ったり感じたりしてるとは思わないし、そうだと決めつける気は全くありませんが、私は大輔のあのどこにむけていいのかわからない気持ちはどうしようもなくわかるんですよ。
だからこそ、その部分読んでて、苦しいんですよね。
まわりからすれば、そのポジションをおりればいいだけのことかと思われるけど、それをすることができれば、こんなに悩んだりはしないと思うんだよね。
そして結局言われるのはウザイだもんね。
兄、姉って、どういう存在なんだろうね・・・。
妹、弟の立場の人には、またそれぞれに当然言い分もあるでしょうが。
そのポジションを変わることは絶対にあり得ないので、そのことに関しては、相手の気持ちなんて絶対にわからないんだろうし、永遠にわかり合えないのかもねと、妹を見ながら思います。
まあ、お互い様なんでしょうけどね。


ラベル:BL 月村奎 小説
posted by 棗 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>月村奎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棗さんこんにちは^^TBさせていただきましたので、ご報告させていただきます<(_ _)>

ぎゃ、私も「ビター〜」が似てると思ったクチでした(苦笑)
でも、「Spring〜」は自分自身に問いかけるものが深かったように思います。オビからの引用でですが「幸せは君の居る場所にある。人生は、すばらしい。」という言葉がまさにぴったりの作品ですよね。
月村さんの作品の中でもとても大好きな作品の1つです^^
Posted by 美鳥 at 2009年03月31日 09:55
美鳥さん、こんばんは。
書いといてなんですが、今すぐにも引きずりおろしたい感想にありがとうございます・・・。

ごめんなさいごめんなさい、私はこの本の読み方が人とは全然違うみたいです。
この作品がよくないとか、そういうことじゃないんです。
ただ私の心の奥底に秘めてる思いみたいなのをさらけ出されちゃった感が・・・。
大輔と妹の会話のシーンの印象が強過ぎて、そこばっかりおぼえてて、それ以外のところがイマイチ・・・。
多分、その時の私、家族と揉めてたんじゃないかと推測されます(笑)

>「幸せは君の居る場所にある。人生は、すばらしい。」

私のは帯ナシなんですが、そうですかそんな素敵な言葉が・・・。
今読むと、また少し違った視点で読むことができるかもしれません。そしてもっと別の部分に共感するかもしれませんね。
幸せって、月村さんの作品には良く出てくる言葉ですよね。
しかも、幸せにしてもらう、じゃなくて、自分でなる!
そんな前向きなお話が、私は今も好きです。
来月の秋霖の2巻が楽しみで仕方ないです♪

コメント&TBありがとうございました!
・・・私からTBは申し訳なくてできないです(泣)


Posted by 棗 at 2009年03月31日 20:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

月村奎さん 「Spring has come!」
Excerpt: 急に読み返したくなった作品その1。1ヶ月遅れですが、月村さん、お誕生日おめでとうございます!(本当は10月20日です^^;あれよあ...
Weblog: 美鳥の日記
Tracked: 2009-03-31 09:44