2006年01月09日

はじめてのキスに似ている:麻生玲子

はじめてのキスに似ている
麻生 玲子著
集英社 (2001.11)
ISBN : 4086000334
価格 : \440
通常2-3日以内に発送します。


おだやかに強い腕
麻生 玲子著




<あらすじ>
大学一年の時、なりゆきでモデルになってしまった、石井暁。
マネージャーでもあり、恋人でもある本山秀範に支えられ、順調に仕事をこなす日々。
そんなある日、海外の有名ブランドのイメージモデルに選ばれる。
しかし、撮影で訪れた海辺のコテージで、本山と過去何かあったらしい管理人の、ジャン・ジャックが現れて・・・。
暁&本山シリーズ。
マネージャー×モデルモノ。

2006年も引き続きブーム中の麻生玲子さんの、コバルトでの初作品です。
まだ読んでないのもあるので、断言できないんですが、麻生さんってコバルトでは、攻めに見守れて受けが成長していく青春BLを書くことに決めている、ということなんでしょうか・・・。
確かに、コバルトの読者層だったら、進学とか就職とかの転換期を迎えようとするorいずれ迎えるという人が多いでしょうから。
そういうことでもう一度悩んでみたいなーと思いながら読んだお話でした(笑)






最初に、どうしてもツッコミたかったこと。
・・・ええと、ふたりはすでに恋人同士?
BLとして、それはアリなのか、ナシなのかと問われると、アリといえばアリ、ナシといえばナシ・・・。
微妙。
そして二巻を読んだら、その肝心の(笑)二人ができ上がるまでの過程が書かれてました。
・・・私は順番間違えて読んだのか?と心底悩みましたが、間違ってなかったようです。
あとがきを読んだらきちんと書いてありました。
どうせ、コバルト本誌読んでませんでしたよ(笑)

そんでもって今回もまたキャラ萌え・・・。
しかもナチュラル系モデルの暁くんではなく、本山の方です。
暁の所属するSASエージェンシーで、子供モデル担当のマネージャーしている本山は、もともとはSASエージェンシーに所属する「カリスマモデル」(・・・今は使わないかも)だった過去を持つ男。
マネージャー業に精を出す今でも、昔を知る人たちからは、またモデルをしないかと誘われるほど。
当然、当時の暴れん坊っぷりはなかなかで、その当時の相手と暁がうっかりバッティングということも・・・。
そんな、大人・本山が、未成年の大学生にメロメロに片思い(笑)
恋人同士になっても、いつもがっついてるし。
・・・どんなかわいい大人なんですか、あなたは(笑)

そんな本山のカリスマ時代(笑)にした仕事と、全く同じ仕事が暁に舞い込んでくるところがあるんですが、この時の暁は本当にかっこいいなあと、・・・。
恋人だからこそ、負けたくないっていう、あの気持ち。
かなり彼は悩むんですが、そこを大人の余裕(あんまりなかったかも・・・)で、見守った本山、こういうのみちゃうと、やっぱり年上攻めは安心感が違うなと(笑)

私は個人的に、暁にお耽美(笑)を見いだした、カメラマンの白田さんが気になりました。
あの人絶対、アヤシイ!
posted by 棗 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>麻生玲子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック