2009年02月22日

純情1.2:富士山ひょうた


富士山 ひょうた
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:



富士山 ひょうた
Amazonランキング:位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
ライターの戸崎は、取材で偶然、高校時代の初恋の相手・倉田と再会する。 覚えていないだろうと戸崎は思うが、倉田は自分のことを覚えていた。 その夜飲みに行く事になり、当時の気持ちを暴かれた戸崎は、戸惑いながらも倉田に抱かれる。 しかし一度きりだと思った関係は倉田が望むことで続いていき、戸崎はますます倉田に惹かれて。 19ページの描き下ろしつき!
会社員×ライターモノ。


ドラマCDのキャストが発表されて、それが私的にあまりにも素晴らし過ぎて、原作コミックスを即購入。
もともと、気にはなってた作品なんですよ。
いいきっかけになりました♪
しかし同級生の再会モノって、萌えるよね〜。
早くCDでないかな〜、5月って、まだまだ先だよね〜。
そして、来月はコミックス3巻がでますよね♪
ちなみに、CDのキャストは、戸崎圭祐が平川大輔さん、 倉田将成を森川智之さん。
宮田は遊佐浩二さん、 吉岡を楠大典さんです。
素晴らし過ぎる!


読みはじめて最初に思ったのは、倉田ってヤな男、でしたね。
初恋の思い出が美しいのは当たり前なんですよね、確かに。
自分のいいように改変されてるから、なおも美し過ぎるという部分も有りますが・・・。
それを差し引いても、倉田はイヤなやつ。
仕事で偶然再会した戸崎と倉田。
戸崎は、初恋の相手だった倉田との再会に動揺してしまう。
しかも、自分のことなんか憶えていないだろうと思っていたのに、期待を裏切って倉田は戸崎のことをしっかり憶えていて、気安く飲みに誘ってくる。
そんな戸崎がパニックに陥らないわけはない。
しかもとどめが、高校時代自分を好きだっただろうと言い、抱かせてくれるのなら寝てもいいなんて、言われた日には・・・。
これでイヤなやつじゃなかったら、なに?みたいな(笑)
最初は、戸崎の昔の気持ち知ってて、弄んでるだけに見えたんですよね、倉田のことが。
寝てみたのも、単なる興味本位。
そんな感じかなあと思って、どーやっても倉田が好きになれない!と思ったんですが、途中から、アレ?って。
特に、一巻のラストの書き下ろし読んだら、すこーし、好感度上昇(笑)
高校生の倉田視点の話なんですが、それがなんかいいよ。
タイトルが「純情」なんですけど、これって、戸崎のことだろうなと思ってたんですが、寧ろ倉田のことにしか思えないですよ。
高校時代、ただ図書館の窓から、グラウンドを走る倉田の姿を見てただけの戸崎は、純情そのものだったのかもしれないけど、今ではその相手に再会してその日のうちに寝たりしてるし。
すれたっていうより、随分成長したなあって感じですよね。
でも、寝たことで昔の気持ちが揺り動かされてるところは、すごくかわいいですけどね。
倉田って、言ってることはかなり傲慢だし、何様だっ!て言いたくなるんですけど、中身がちょっと子供っぽいなあと。
久々の再会で、あんなひどい誘い方してるのだって、結局のところ、本音は戸崎のことがずーっと気になってたからなんですよね。
昔言ってもらえなかった「好き」という言葉が欲しくてしょうがない、それを確かめたい、そんな感じ。
そんな不器用にもほどがあるところは、よかったです。
でも、その「好き」という言葉、倉田は欲しがってるわりに、なかなか自分からは言わないよね。
あの高校時代から続いてる感情をかたくなに認めないというか、それが何かを知るのを嫌がってるような、意外と気がちっちゃい男なのかもね。
それが、母親の確執っていうのに重なってくるのかな?
正直大人になった今でも引きずるって、どんだけ!と思ったりもしたんですが、倉田が今話してる以上にヘビーなできごとがあったのなら、もしかするとねと思えたりもするので。
三巻が楽しみです♪

しかし、読む間中、セリフを脳内変換してたんですが、ひとりで萌え過ぎてのたうちまわってる、とってもかわいそうなヒトになってました。
戸崎はハマり過ぎる〜。
アレとかコレとかソレとか、楽しみだよ!



posted by 棗 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(マンガ)>ハ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棗さん
またおじゃまします。
これ来月完結編3巻発売ですね。しかも小冊子付き限定版も発売します。
早々とネット通販予約をしてしまいました。もち限定版の方です(笑)
Posted by 白木蓮 at 2009年02月22日 21:16
白木蓮さん、こんばんは♪

私も予約しました!三巻の限定版。
・・・最近、このテの限定版ホントに多いですよね。
うっかり情報仕入れ損ねたら、酷い目にあいそうなので、購入前に事前の下調べがかなり重要ですよね。

ところで、これが最終巻なんですか!
CDはどこまでの内容になるんでしょうね〜。
それも気になります。

コメントありがとうございました!
Posted by 棗 at 2009年02月23日 20:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『純情 (2)』 富士山ひょうた
Excerpt: 『純情 (2)』  富士山ひょうた/著  フロンティアワークス ダリアコミックス (2007.12)  Amazon / 楽天 5/27に発売されるドラマCDのキャストが決定しました。..
Weblog: 月と凌霄花
Tracked: 2009-02-25 00:35