2009年02月15日

甘やかな共謀:沙野風結子


沙野 風結子
Amazonランキング:288606位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
美貌の報道番組ディレクター・圭祐はキリトと名乗る男から大物政治家汚職事件の情報があると呼び出され、ホテルで会うことに。だが、それは罠で-。スクープの代償に身体を求められた圭祐は…。
情報屋?×報道番組ディレクターモノ。


買ったはいいけど、あらすじに腰が引け(じゃあ買うな!って話ですが・・・)しばらく積んでました。
ただいま絶賛、積読本消化中でようやく手を伸ばしたんですが、予想より甘くてよかったです♪
だから、アイノベルズがなくなったことが惜しまれる〜。
これの続き、見つからないんですよね・・・。
早いところ新装版になって下さいよ!


以前、大きなスクープをモノにした報道番組ディレクターの圭祐は、今はちょっとした、燃えつき症候群。
日常にありふれてる些細な事件には心を動かされない、諾々と仕事をこなす日々。
そんな時に、キリトと名乗る男からスクープの情報をもたらされる。
その代償に求められたのが、身体。
何かの代償に身体を、ってパターンは別に好きでもキライでもないんですけど、そこに”無理やり”が加わると、完全にアウト!
だから、キリトの第一印象は最悪(笑)
でも、このキリトって、読み進めていくうちにどんどん印象の変わっていくキャラクターだなあと。
己の復讐のために圭祐を巻き込むことに決めて、クスリ使って強引に関係を持って、”脅迫”という切り札押さえてから仲間にする。
最初はただの、自己中心的な傲慢な男だとばかり思ってたけど、それって、彼なりのポーズ。
そういう風に外堀埋めてからでなきゃ怖くて行動できない、案外弱い男。
逆に無理やり犯された圭祐のほうが、芯の強さをずっと感じさせます。
身体の関係だけだと、キリト×圭祐だけど、メンタル的には完全に逆なんだよね・・・。
いいじゃん、リバれば(笑)
そのくらい、キリトってかわいくなっていくんですよ・・・。
最初は一生懸命イヤなやつ演じてるけど、根っこはちょっと可愛すぎる年下の子。
ワンコっぽいな〜ってとこもあるし、ヘタレだな〜ってとこもあるし。がっついてるし!
あなたのホンモノはどれですか?みたいな。
おそらくなんだけど、最初っから、コトに及ぶときには必ずクスリ使ってますが、これって彼なりに圭祐に逃げ道与えてるんじゃないかなと。
そんな弱い男にたいして、圭祐のしっかり具合は、やっぱり大人だから?
彼が元来持つ懐の広さかな?
無理やり関係持つことになって、しかもそれを盾に脅されて、気持ち的には最初は随分追い詰められてたんだけど、それを上回る仕事への情熱(笑)
このひと、やっぱり仕事人間。
あと、キリトのギャップかな・・・。
酷い始まり方したはずなんだけど、仕事から戻れば部屋に入り込んで帰りを待っててくれてるとか、そんなかわいいことされちゃったら、過去をなかったことにはできないけど、まあしょうがないなあって思うしかないし。
二人の関係が軌道に乗りはじめた頃、はじめてふたりが出会った夜にあった、強盗事件の犯人がキリトかもしれないという疑惑が持ち上がる・・・。
汚職事件、強盗事件、そのすべてが明らかになったとき、キリトは圭祐の前から消えている。
とはいえ、タイトル通りの甘いエンディングでした♪
やっぱりそうでなくちゃ。

ところで、キリトの正体はちょこっと笑っちゃった。
プロなのに、プロらしくない振舞いが多過ぎます(笑)
そこがまあ彼のよさなんだけどね。
・・・あれで、ものの見事に立ち回ってたら、むかついてしょうがなかっただろうな。
年下攻めはそのくらいがカワイイw

この記事へのコメント
棗さん、こんにちは〜。
表ではおひさしぶりです〜。(猛省)

この話はもうとっても大好き!
私の年上受け大好き心が満たされます(笑)

>いいじゃん、リバれば(笑)

まったくね! 本当にそうだよ!
私もそう思う〜。
私も続編「色めく夜の陰謀」の感想に「いっそリバしてしまえ!」と書いてるんだな。
でも、あの余裕のない年下攻めからはせめてそのポジションだけは奪わないほうがいいと思うよ(笑)

花シリーズはダリア文庫から出るけど、このシリーズも文庫落ちしたらいいね!
ぜひ続きも読んで欲しい!
Posted by 秋月 at 2009年02月16日 12:44
こんばんは♪秋月さん。

まさかこんな古い本の感想にコメントいただけるとは。
嬉しいです〜。
そういえば一年前、私を沙野さんにハメたのは、秋月さんですよね?(笑)

>年上受け大好き心が満たされます
秋月さんのこだわりだ(笑)
私は、年下攻めダイスキなので、すごく楽しめましたよ♪

やっぱり、みんなこの二人はリバればいいのにと思うんだ〜。
でもやっぱり、続編でもリバらないのか。
残念。
でも、たしかに圭祐がせめちゃうと、かっこよ過ぎるもんね〜。キリト、いいとこなしになっちゃうよ(笑)

続きは是非読みたいよ!
古本屋で探してるんですけどね〜、やっぱり見つからないです。
ダリアさん、このシリーズもぜひ復刊を!

コメント&TBありがとうございました!
Posted by 棗 at 2009年02月16日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『甘やかな共謀』
Excerpt: 「甘やかな共謀」   沙野風結子/桃山恵 雄飛アイノベルズ (2005.05)
Weblog: 月と凌霄花
Tracked: 2009-02-16 12:29