2009年01月28日

BLCD「是-ZE- 守夜×隆成篇」




<キャスト>
北村隆成:小野大輔、守夜:子安武人
八代玄間:三宅健太、氷見:平川大輔
吉原和記:一条和矢、他

<内容>  
大人気『是 ―ZE―』シリーズ第3弾!
第3弾は、守夜×隆成篇が登場。

私は今日から、この野蛮で淫乱な男をあるじと呼ばねばならないのだ。

シリーズ中、最もオトコマエな受と、もっともクールな攻!
究極のオス×オスカップルの出会いから現在までを、すみからすみまで、CD2枚組のドラマCDにしました!
もちろん、コミックス書下ろしで話題をさらった、激しい初夜も完全収録!


嗚呼、大輔さん、ダイスキ!!!
W大輔さんが、受け〜♪と大喜びだったんですが、私はぜひともこのコンビで、小野さんにマウントとっていただきたいんですけどー。
なぜ、実現しないんだ・・・。



いや〜ん、氷見@平川さん、その登場の仕方はどうなんですかー(笑)
玄間とオフィスで本番中だなんて〜。
知ってたけど、悶えたよ・・・。
やっぱ、三宅さんと平川さんのコンビは、いいぞ!

と、平川さんへの愛を叫んだところで、では本題!
でも、内容の感想は、マンガの方で書いたから、省略(笑)
是では、このカップルが一番好きなんですよー。
お下品なオトコマエ受と敬語攻めの、下克上カップル♪
ドラマCDでも、雰囲気壊れなくて、キャストもばっちり、「是」は三作とも、いい作品になってますよね。
しかも、大好きな守夜×隆成が子安さんと小野さんって!
なんじゃ、この紙・・・じゃなくて、神!なキャスティング。
ほんとに、このお下品な隆成役が合うんですよね、小野さん・・・。
最近、セバスチャンみたいな、どっちかというと上品系(なのか?)なイメージ強いんですけど、こういう役、めちゃめちゃハマってますよ!
「さよならを言う気はない」の天海とか、「リロード」の一馬みたいなさ。
隆成ってホント、セリフがストレートというか、露骨なんですよね。
それもまた、ハマる〜♪
でも、その大胆さとは裏腹に、隆成って誰よりも繊細な人なんだよね。
自分のためではなく、洋次のために、命をかけて言霊を使うんだけど、そこのくだりはやっぱり切なかったよ・・・。
そして、子安さんですよ!
子安さんの、攻めってなんでこーかっちょいいんですか!
聞くのはこれで三作目になるんですけど、たしかにどのCD聞いても子安さん声なんですけど、全部雰囲気違う〜。
この守夜はもー、なんていうか、上から目線?(笑)
守夜って、言霊サマに使える紙様のはずなのに、どこか人をバカにしてる感じですよね。
なのに、最後に隆成のために身を引く道を選んだ守夜が、隆成を思うシーンは愛だよね。
そこの守夜@子安さんの語りがすごくいいんですよ。
原作でもすごく好きなシーンだったんですが、音声になるとあんなにいいなんて。
・・・泣くかと思ったよ。
そのあと、正式に守夜が隆成のものになるシーンもよかったな♪

しかし、このカップルほど、「初夜」って言葉が似合わない人たちいないよね(笑)
志水ゆきさんのマンガって、基本えろえろなんですけど、この守夜×隆成ってエロ少なめな気がしますよ・・・。
キャラがアレなわりに、ストーリーはシリアスですしね。
そんな二人のお初えっちは、とても美味しくいただけました。
守夜@子安さん、言葉攻めが最高だよ!そして、隆成@小野さんは声がオトコマエだ!
早かったけどね(笑)

小野さんを愛するお友達ブロガーさんが、最近小野さんはBL系のお仕事が少ないような気がすると嘆いておられましたが、確かに小野さんには、もっとこちらのお仕事もがんばっていただきたいです〜。
だって、めちゃめちゃいいんだもん〜。

posted by 棗 at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棗さん
ご無沙汰してます。
私も『是』シリーズのドラマCDが好きで、棗さんと同様に『隆成&守谷』編聴きました。
個人的には、2作目の『氷見&玄間』カプが好きです。
でも、男前な隆成も好きなんですよね(笑)
Posted by 白木蓮 at 2009年01月29日 03:02
白木蓮さん、こんにちは!

是のシリーズは、私も原作ダイスキなんですよ!
好きなCPは隆成と守夜、好きなキャラは近衛、好きなボイスは氷見(笑)という、むちゃくちゃなことを言ってます。
・・・いや、みんな好きなんですよ〜。
志水ゆきさんのかかれるキャラクターは、みんなイイですよね。
次の、近衛と琴葉のCDも楽しみです!

コメントありがとうございました。
Posted by 棗 at 2009年01月29日 18:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック