2008年12月31日

このBLがおもしろい-2008年版

例年通り10作品+1を挙げてみましたが、う〜んなんか予想通りであんまりひねりがないかも。
なので、BLCDも一枚選んでみました。
実はこれが一番悩んだかも・・・。

【BL小説】

英田サキ:「愛してると言う気はない
去年発売のこの本ですが、年越本だったので今年のランキングにインしました。
正直いって、英田さんの作品は、今年はいい作品が多くて、かなり迷ったんですが、この一冊に。
なんといっても、ドラマCDの影響が大きかったですね。
天海@小野さんがすばらしくって・・・。
あれを聞かなかったら、別の作品だったかもしれないです。


いおかいつき:「愛こそ明日の絶対
このシリーズもとうとう完結してしまいました。
ワンコ×クールビューティのらぶらぶカップルを見てるのがホントに好きで好きで、こんな幸せな気分にさせてくれるカップルはほかにないかもな〜って思います。
あいかわらず枕元に置いて、よく寝る前に読んではにやにやしてますよ。


榎田尤利:「交渉人は黙らない」「交渉人は疑わない
今年一番の衝撃ですね、榎田さん。
苦手だと思ってましたが、全然。
こんなにおもしろい作品書かれるかたとは思わず・・・。
他の作品にも手を伸ばそうかどうしようか、非常に悩むところです。


木原音瀬:「吸血鬼と愉快な仲間たち」「吸血鬼と愉快な仲間たち2」
2008年の衝撃、パート2(笑)
完全に読まず嫌いだった木原さん。
確かにこの作品は別の意味で痛かったんですが、精神的にはきつくなかったです。
あ、三巻まだ読めてないかも・・・。


高遠琉加:「愛と混乱のレストラン」「美女と野獣と紳士」
続きが出るのを待って、一巻を読みました。
これはすごくよかった・・・。
タイトルとあらすじからは想像できないもっと奥行きのある話で、ちょっと正面からくらったなあ・・・。


橘紅緒:「つまさきにくちづけを
橘さんの、この冷たさと熱さの混在した文章がとても好きです。
コンテンポラリーダンスの世界を舞台にかかれたこの作品は、とにかく心掴まれた。



【BLコミックス】

寿たらこ:「SEXPISTOLS1.2」「SEXPISTOLS3.4」「SEXPISTOLS5」
寿さんは、絵が苦手だと思ってましたが・・・全然。
話も思いの他、うけいれられました。
やはり私は米国×委員長の話が一番です。


志水ゆき:「是-ZE-7
私のイチ押し、近衛が主役です。
この二人にはきっとなにかがあると思ってましたが、想像以上の過去に辛くなりました。
そして、二人の未来が上手く予想できません。


藤谷陽子:「愛してる
藤谷さんは初読み作家さんだったんですが、すてきなお話書かれる方ですね。
この作品ですっかりハマったのですが、なかなかコミックが出ない!
新刊お願いします。


ヨネダコウ:「どうしても触れたくない
今年はもうこの作品です。
いつになく暑苦しい感想書いてしまいました。
それくらい心をがっちり掴まれた作品でした。
ドラマCD化のお話があるみたいなんですが、キャストがすごく気になってます!

【番外編】

小林典雅:「美男の達人
もう、この異色作をあげなくてどうします(笑)
BL・・・というよりは、モテるための本かと・・・。
ちょっと毛色の違う本が読みたいときにいかがでしょうか。
・・・でも、エロスはないよ。

【BLCD】

『愛こそ明日の絶対』
正直言って、平川さん出演作品は全部よかったよ!
だからどれか一枚とかって無理だと思ったんですが、そこをあえて一枚に絞るという試練を自分に与えてみました(笑)
でなぜこの作品かって?
・・・あの長丁場に激しく萌えたからです。



それにしても、選んだ小説もマンガも、平川さんがらみなのが多いような気がするのは気のせい?
・・・いや、気のせいじゃない(笑)
平川さんがドラマCDに出演してるからと、挑戦した作家さんが今年は多かったです。
おかげで、食わず嫌いも苦手意識もなくなったです〜。
・・・だからさ、読む理由がおかしいよ、私。
posted by 棗 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック