2008年11月10日

BLCD「吸血鬼と愉快な仲間たち」



<キャスト>
アル:平川大輔、暁:緑川 光
忽滑谷:森川智之、津野:遊佐浩二
柳川:千葉進歩

<内容>
ある夜、警察は真夜中に全裸で徘徊していた外国人の若い男を強制わいせつ罪で捕えた。入国した気配もない男は「強盗にあい、身ぐるみはがされた」というが、日本国内でそんな事件の前例はない。不審に思った警察は、男を一晩拘置所に入れることに。しかし、翌朝、男の姿はきれいに消えていた・・・待望の100%書き下ろし最新長編ノベルス!

蒼竜社 Hollynovelsより木原音瀬先生のミステリ作品がドラマCD化!
カッコいいキャラクターが大勢登場します!
ライトノベルながら、シリアスに展開されていく物語は、ドラマCD初心者にもオススメです。

原作の感想はコチラ


最初に確認したいことが!!
英語はご本人?
音声多重CDだ、これは。
アルのココロの声は、日本語にしてあるんですが、話し声は英語と日本語。
そして、ヘタ日本語(笑)
いや、このヘタ日本語だけでも聞く価値ありましたね・・・。
カワイイw




それにしても、平川さんって、ヘタレキャラぴったりですよね。
緑川さんは、ツンデレがぴったりだ。
そして、森川さんは、カッコイイのだ(笑)
それだけで、満足だよねー♪
しかし、このキャストで、エロくないんだよねー、不思議なほど(笑)
まあ原作が100%、コメディでしたしね・・・。
交渉人のCDに引き続き、またしても本気で笑っちゃったもん・・・。
病院でゲイのハードプレイの成れの果てと誤解された暁が激怒してるシーンが、大笑いだった。
もうこれはデフォですからね、このシリーズの。
あと何度、暁@緑川さんは怒ることになるんでしょうね。楽しみだw

さすがに、ノベルズの内容をCD一枚におさめてるだけあって、あちこちカットしてあるんですけど、別にそんなに気にならなかったかな・・・。
むしろなくてもいい、と思ってた(なかったらダメなんだけど)、アルが切り刻まれるシーンもばっちりあって、聞いてる方には辛い・・・。
だって、アル@平川さんが痛そうな声出すんだもん・・・(←アホ)
それにしても、以前別のドラマCD聞いた時に思ったんですが、平川さんと緑川さんの組み合わせはイイですよね♪
あー早く原作がラブになってくれないかなあ・・・。

やっぱり「ぼくのぱーんつ」は、かわいくてたまらんかった♪
しかし、そのぼくのぱーんつ、事件になったのね(笑)
・・・津野って、間が悪いんだか、なんだかなあ。



posted by 棗 at 20:15| Comment(4) | TrackBack(0) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棗さん
こんばんは!
棗さんは、平川さんお好きですか?
もしお好きでしたら、他にも色々、新作から中古の類いまでオススメありますよ。
蓮のイチオシオススメは、『オトナ経験値』
原作/ねこ田米蔵
のドラマCDと『鬼畜眼鏡』のドラマCDですね。ちなみにですが、『鬼畜眼鏡』の方は歌のCDまで買っちゃいました(笑)
Posted by 白木蓮 at 2008年11月10日 23:55
棗さん、おはようございます。
ギャッギャッ!

>英語はご本人?

特に平川さんはネイティブ設定だったので、英語の先生がついてみっちり猛特訓だったそうですよー。他のお二人は日本語英語で良かったので、それほど直しは入らなかったみたいですが。
Posted by okapi at 2008年11月11日 05:40
白木蓮さん、こんにちは!

はい!平川さん、好きです(笑)
『オトナ経験値』聞きましたよ〜♪
とってもドSな高校生でしたよね!
早く全サのCDがこないかなーと、わくわくしてます♪
平井達矢さんの、鬼畜眼鏡もいいですよね、私は非装着盤を何度聞いたか・・・。
また、オススメありましたらぜひ教えてくださいね♪

コメントありがとうございました。

Posted by 棗 at 2008年11月11日 18:17
okapiさん、こんにちは!
ギャッギャッ!(笑)

>みっちり猛特訓
そうだったんですね!
英語の吹き替えの声優さんが別にいらっしゃるようでもないしどうなのかなと思ってたんですよ。
スピーカーの左右の音量バランス変えたり、あれこれやってみたんですけど、日本語の声がかぶってて、英語だけひろえないし・・・平川さんの声かどうか自信なかったんですよ。
今度はもうちょっと気合い入れて耳をすましてみます♪

さすが、okapiさん、木原音瀬さん情報はお詳しいですね!
なんだかとてもお忙しそうですが、身体に気をつけて頑張ってくださいね!
そんな中重要な情報、本当にありがとうございました!
謎が解けて、すっきりです。
Posted by 棗 at 2008年11月11日 18:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック