2008年10月20日

ミスター・ロマンチストの恋:砂原糖子



<あらすじ>
高校三年の千野純直は、成績優秀な生徒会長でテニス部のエース。本当は内気な性格なのだがクールで渋いと女の子に大人気。そんな千野は密かに二年の有坂和志に恋している。有坂を一目見ることが楽しみな千野は、外見はかっこいいのに心は夢見る乙女。有坂もまた千野の不器用さに気付き、惹かれ始め…!?商業誌未発表作品、書き下ろし短編を収録。
高校生×高校生モノ


乙男、キター(≧∀≦)




砂原糖子さんの新装版。
待ってましたよ♪某チャットで、でるという噂を聞いてから、ずーっとね。
あらすじにあるように、乙男・千野の乙女チックな恋愛模様なんですが、なにこれかわいすぎだよ・・・。
今日日こんな女子高生なんて、絶滅危惧種だよ!(多分)

しかし、最初、ほんっとにあらすじと内容とイラストをリンクさせるのに、心痛しました。
思い込みで読みはじめてるのが、すべての敗因です、そしてなんと言っても読解能力低すぎ。
てっきり、乙男なのは、攻めの方だと思ってたのですよ・・・。
だから、表紙の金髪の子が乙男ね♪と読み進めるも、なにかおかしい・・・。
うわー、黒髪の子が乙男じゃん!しかも受だし!
・・・乙女な受けってどうなんだ、と一瞬腰が引けかけた(笑)
乙男攻めっていうのは、何度か遭遇してて、結構好みだったんですよ、あれはかわいすぎ♪
でも、受けちゃんが乙女ちっくだと、ちょっとどうよ・・・と思ったんですけど、この千野、内面と外見のギャップがすさまじいんですよね。
超がつくほどの優等生で、クールで取り乱したりしない、そして長身でハンサム、当然女の子にモテモテ!
なのに、妹の少女マンガ読んで涙したり、星占いに一喜一憂したり、可愛いものが大好きという・・・とっても乙男。
このギャップ、キター!
これで、多分、千野の友人の藤木のような、小さくて超カワイイルックスの子が、乙男だったらイヤ!
意外性がなさ過ぎて、つまんないだろうなあと。
でも、千野みたいな大男が、片思いでうじうじしたりするのが、ホントにかわいいんだもん。
そんな、外見とは裏腹に、変に恋に不器用で自信がなくて、でもロマンだけは山ほど持ってる千野に、有坂も惹かれて行くわけですが、上手く行ってからも、千野のロマン派乙男ぶりは磨きがかかり。
そのドリーミングなデートプランって一体・・・。
いや、すごくいいです、海岸デートも水族館デートも。
まさに健全なデートって感じで。
だから、いつにコトにおよぶのか、それが気になって仕方なかった私は相当なお腐れですよ(笑)
でも、一応、お互いそのことは考えてはいるんですけど、相手がそれを望んでないんじゃないかとか、とってもちぐはぐなことになっちゃいます。
それもこれも、千野が乙男だから(笑)
有坂も、そりゃあ幻想抱いちゃいますよね、千野に。
でもやっぱりそうはいっても、男の子だもんね。
そんな、カップルに気の毒なほど振り回されちゃった千野の友人・藤木。
ビジュアルに反して、実に普通な男子高校生。
そして男前な性格。
やっぱり、モテるよね♪

これ、ドラマCD化したら、藤木は絶対に下野さんがいいと思う!と思いましたよ♪
でも、メイン二人は思いつかない・・・。


posted by 棗 at 21:23| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>砂原糖子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棗さん こんばんは〜♪

朋ちゃん下野さんですかw
そしたら千野はきーやんかなあ?と思ってしまいました。
でも有坂は思い付かない〜!

私はコンプレックス持ちの羞恥心の強い人に萌えるので千野が藤木に生熊扱いされるほどガタイがいいというところがめちゃツボなんですよね〜♪
こんな自分は有坂くんには相応しくない〜!とかウジウジしてるとかわいそうでかわいくてキュン♪ときます(笑)

しかし私も人のことは言えないんですが、この作品千野&藤木のコンビのキャラが強烈すぎて有坂って存在感薄いよね…(笑)

ではではっ、TBいただいてきます★
Posted by ゆちゅらぶ♪ at 2008年10月21日 23:15
ゆちゅ♪さん、こんばんは♪

下野さんの歌声聞きながら読んでたせいか、藤木のイメージなんとなくそんなイメージになってしまいました。
でも、千野がきーやん王子なら、有坂はゆうきゃんとかでどうでしょう!
と、賛同が得られないことをわかっていながら言ってみます(笑)

>コンプレックス持ちの羞恥心の強い人
・・・私のことですか?(笑)
っていうのは置いといて、私は逆にコンプレックスを刺激されてる人は、時々いたたまれないです。
我が身に置き換えちゃうので。
でも、千野のコンプレックスって、世間一般の男性から言えば、ありえない内容ですよね。
逆の方向性で悩んでる人って多いと思うんですけど。
贅沢だけど、本人にしてみれば、深刻なんですよね。
でもあのギャップがあるからいいんですよ!

>有坂って存在感薄いよね…(笑)
やっぱり、そう思われました?(笑)
私も彼に関しては、ホントに語れないというか、なんかうっかり忘れてる状態です。
いいやつなんだけどなあ・・・。

コメント&TBありがとうございました。
Posted by 棗 at 2008年10月22日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ミスター・ロマンチストの恋〜クマちゃん、初恋中♪〜
Excerpt: ミスター・ロマンチストの恋 (幻冬舎ルチル文庫 す 1-8) 砂原 糖子 前回これは再読して感想書く!と予告しておりましたのでちゃんと文庫版を買ってきましたよ! 書き下ろしもあったしね♪..
Weblog: 水中雑草園
Tracked: 2008-10-21 23:17