2008年10月13日

BLCD「花嫁くん」



<キャスト>
葵:鈴村健一、艸田慎二:平川大輔

<内容>
花嫁が男のコでも良いですか?
現在、美しいイラストと、可愛くも切ない心理描写で人気爆発中の星野リリィにより、『花音』(芳文社)に好評連載されていた「花嫁くん」がドラマCD化!
艸田家代々のしきたりによって、男同士で結婚させられることになった慎二。
親類の中から選ばれるというお嫁さんは、同じクラスの美少年、葵だった!
男と結婚なんて考えてもいなかった慎二だが、健気で可愛い葵に心は揺れて……!?
星野リリィが贈る、甘〜いウェディングラブストーリー!
本ドラマCDでしか聴けないオリジナルミニドラマと、出演声優による座談会も同時収録。
ジャケットイラストは星野リリィによる描き下ろし!


羊コンビ、ピチピチの18歳(笑)






星野リリィさん、なんとなく苦手かな〜と思ってて、避けて通ってましたが、こんなカワイイお話を描かれる方とは♪
これはぜひとも原作も読まなくちゃ。
とはいえ、原作未読でも、すごくわかりやすいつくりでしたけどね。
しかし、甘いよ甘いよ〜。
「花ムコさん」も聞きましたが、さすが新婚さんカップル・・・。
激甘すぎて、聞いてる最中ずっと顔が緩みっぱなしでした(笑)
こんな花嫁モノなら、ばっちこーい♪

とりあえず、あらすじ読んで疑問をもってはいけません、そういうものなんです。
そのくせ、慎二は往生際が悪いので、なかなかそれを受け入れないんですよね。
でも、お母さんに怒られては、しぶしぶ・・・といった感じで。
まあ、確かに、いきなり嫁ですって、同級生が現れたら・・・びっくりだよね(笑)
そんなヘタレな慎二に対して、葵は真面目でいい子。
ずっと慎二に片思いしてて、でもお嫁さんになれるかもしれないってわかったら、それこそ”花嫁修業”にせいをだして。
・・・あああ、聞いてていたたまれなかったわ〜(笑)
まさに嫁の鑑のような人で。
慎二のためにお弁当作ってあげるんだけど、結婚してるのが学校でバレないようにと、同じおかずつかっても、レイアウトかえてわからなくするとか・・・。
どんだけつくすの、この子は!
ホントに、好きなんだよね・・・。
可愛過ぎだよ(≧∀≦)
最初こそ、「しきたり」で結婚なんてと思ってた慎二。
昔から葵のこときれいだと思ってたなんて、好きだったんじゃないかー(笑)
だからこそ、二人の関係を「しきたり」なんて言葉で縛られたくなかったんだろうけどね。
でも、結婚してからは、すごいよね、独占欲の塊(笑)
嫉妬してばっかりだけど、その嫉妬の仕方が結構カワイイ。
こういうところが同い年カップルだな〜って思っちゃったんだけど、なんのかんのつくしてる葵だけど、立場としては対等なんだよね。
わりと言いたいことも言ってるし。
慎二から愛されてるのすごく感じてますよね。
最初、もっと葵が健気すぎるのかなーと思ってたけど、それを上回るほどの慎二のらぶっぷりが甘くていいのですよ♪
しかも、慎二@平川さんの、子供っぽいしゃべりかたがカワイイんですよ、ホントに(笑)
時々ぶっきらぼうで。
葵@鈴村さんは、羊CDでしかまだ聞いてなくて、ドラマCDでは今回が初でした♪
想像以上のかわいさに、めろめろですよ。
「慎二さん」って名前呼ぶところが、サイコーでした(≧∀≦)

2004年10月発売、うわー、四年前の平川さんの声かあ・・・。(そう思うと、CDというものの技術に感動)
なんとなく、エロ控えめの甘さてんこもりの作品でした。
でも、なんかすごく短かった気がするなあ、全体的に。
もっと平川さんの声が堪能したかったのに〜。(結局それかよ・・・)
でも、最初に平川さんの叫びがあって、なんか嬉しかった(笑)
あれ良くないですか?私はすごく好き♪

posted by 棗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック