2008年09月21日

BLCD「世界一初恋〜吉野千秋の場合」



<キャスト>
羽鳥芳雪:中村悠一、吉野千秋:立花慎之介
高野政宗:小西克幸、小野寺律:近藤隆
美濃 奏:緑川光、木佐翔太:岡本信彦
柳瀬優:神谷浩史、横澤隆史:堀内賢雄

<内容>
〜吉野千秋の場合〜 小説サイド
「吉川千春」というペンネームで、少女漫画を描く超売れっ子漫画家・吉野千秋は、アシスタントチーフの柳瀬優、丸川書店に勤める担当編集の羽鳥芳雪と中学からの友人である。ところがある日、羽鳥と柳瀬のキスシーンを目撃してしまった千秋。ギクシャクしはじめた三人の関係に戸惑う千秋ですが、羽鳥の本当の気持ちを思い知らされ……?



CDの画像がなくて、小説の画像にしてます。
そして、吉野千秋編のみの感想になっちゃいました。
話的に、こちらが好みだった、というだけなんですけどね。
ただ、原作未読なので、ただしく話を認識してるのか、そこら辺がちょっと不安(笑)






幼馴染みなんだけど仕事で深い関係があって、というつきあいだったのが、ある日羽鳥が自分のアシスタントとキスをしているのを目撃。
それにショックをうけてる自分に驚いて、この感情はなに?みたいなぐるぐるループに陥ったら、羽鳥になぜか無理やり食われてしまいました。
・・・という話、じゃないですよね、多分。
原作読まないと、ダメかな私・・・。

ゆうきゃんの声が、わかんなかった・・・○| ̄|_
彼もまた、役で声がすごく変わる声優さんですね、うひょーかっちょええ攻めボイスだ♪
羽鳥@ゆうきゃんは、なんかできる編集さんなのかな?
ものすごーく的確に指示出してるっぽかったですよね。
ただ、恋愛はどうなんだ!みたいな(笑)
・・・無理やりはいけないと思います。
だって、千秋@立花さん、めっちゃくるしそうでかわいそう(でも萌えるw)なのに、羽鳥@ゆうきゃん、切なそうにしてるんじゃないよー(笑)
本懐遂げといて、それかい!
こうシリアスなシーンかなーと思うと主人公がセルフツッコミしちゃって、コメディになっちゃうのは、中村春菊さんだなーって。
それをまた立花さんが演じてるっていうのが、なんか似合う(笑)
やっぱり立花さん、こういうコメディなキャラがすごくぴったりだなあ。
でも、エロになると、ありえんくらいエロくなっちゃうというか。
立花さん受け、かなり好きかもー。

そして、なんだかやたらと脇役が豪華なんですけど・・・。

posted by 棗 at 20:22| Comment(4) | TrackBack(0) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はい♪この作品の「千秋@立花さん」ですっかり立花ファンになってしまった(本当に‘しまった‘です。いろいろ活躍されてて・・お財布がすっからかんかも〜という事態に〜〜)瑠璃です。
本当に可愛くってエロくって・・はい♪メロメロです。
Posted by 瑠璃 at 2008年09月21日 22:03
瑠璃さん、こんばんは♪

最近、立花さん大活躍ですよね!
ファンの方は嬉しいかぎりですけど、おいかけるのが結構たいへんですよね(笑)
この作品の千秋役は、ホントに立花さんにぴったりの役だなーって思いながら聞いてました。
瑠璃さんが、フォーリンラブ(笑)なのもよーくわかりますよ。
可愛くて、でもエロくて、たまらんかったです♪

コメント、ありがとうございました♪
Posted by 棗 at 2008年09月21日 22:37
聞かれたんですね^^
私も小説サイドのお話の方が好きです〜♪もう少しで小説2巻も出るようなので楽しみです。

雑誌の方を見るとなにやらロマンチカとも本格的にリンクしそうですし、今後どう展開していくんでしょうかね!
Posted by 美鳥 at 2008年09月22日 20:59
ふふふ、聞きました!
立花さん、かわいいぜ!な内容でした♪

あ、美鳥さんも、こちらのお話が好きだったんですかー。
同士発見でうれしいです♪
原作小説も二巻が出るんですね?
細かいところがイマイチわからなかったので、やっぱり原作読んだ方がいいのかなあと、しばし悩んでます。
・・・片づけてから悩めという話ですが(笑)

>雑誌の方を見るとなにやらロマンチカとも本格的にリンクしそうですし、今後どう展開していくんでしょうかね!

小野寺ver.のCD聞いてて、ウサギさんの名前が出てきたし、丸川だしと思ってましたが、やっぱりリンクするんですね。
肝心のロマンチカも、今日9巻仕入れてきたばっかりという遅れっぷりです・・・。
第2期開始に間に合うのか、私(笑)

ありがとうございました♪♪♪
Posted by 棗 at 2008年09月22日 21:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック