2008年09月16日

どうしても触れたくない:ヨネダコウ




※がっつりネタバレです。

<あらすじ>
新しい職場に初めて出社した日、
嶋はエレベーターで二日酔いの男と一緒になる。
それが、新しい上司・外川との出会いだった。
無遠慮で図々しいように見えて、
気遣いを忘れない外川に惹かれる嶋だが、
傷ついた過去の経験から、一歩踏み出せずにいる。
一方、忘れることのできない記憶を抱えながらも
外川は傷つくことを恐れず、嶋を想う心を隠さない。
好きだけど、素直にはなれない・・・
不器用な想いの行方は?
会社員×会社員モノ。


日参してるブロガーさんが、絶賛だったので購入。
しかも、四名の方が!
なかなかマンガの新規開拓ができない方なんですが、これはもう買うぞ〜と意気込んだがいいが、完全出遅れでネット書店もなくって(笑)
名古屋まで買いに行きましたよ・・・。
でも、その苦労が報われるほどの、すばらしい作品でした。
大人お嬢さん、号泣。



いろいろな恋の経験をしてきた大人だからこそ、うまくいかない、もどかしい恋愛。
嶋は、前の会社でノンケの男と付き合っていたんですが、その別れが悲惨としかいいようがなくて・・・。
ようするに、つきあってるという噂がたってしまって、それに堪えられなくなった元彼は、自分は嶋のことなんか好きじゃない、こいつにつきまとわれて困ってる、みたいなことを言って、壮絶ないやがらせに発展してしまうんです。
でも、誰もいないところでは、嶋のことを好きだと言う・・・。
このどうしようもないズルイ男との恋愛ですっかり傷ついた嶋は、会社を替わり、そこで外川に出会ってしまう。
どうしようもなく図々しくて、遠慮なんてまったくない。
でもどこか優しい。
そんな外川に、嶋は恋をしてしまいます。
前の恋で痛手を背負ってしまい、もうノンケとは本気で恋をしないと決めていたのに、どうしようもなく外川に振り回され、酔った勢いで一線を越えてしまう。
そこで、外川の、過去を知ってしまうんです。
父親が亡くなったことでショックを受けた母親が後追い心中をおこし、弟が亡くなったことを。その後その母親も自殺をしてしまったという。
そして、家族に対して憧れを持っているということを。
それでもなお、身体だけの関係を繰り返し、どうしようもなく嶋は外川に惹かれていく、その気持ちはどうやっても変えられない。
だから、嫌われたくて、飽きられたくて、どんなに手をつくしてでも、外川から逃げようとする。
でも、ダメなんですよね、自分の気持ちにはどうやったって嘘つけない。
そんな時に、外川の栄転の話が持ち上がるんですがそこの、別れのくだりはもう泣いた泣いた・・・。
嶋は、外川はノンケだし、家族への憧れがある。
いずれ誰かと結婚し、子供を作って、幸せに・・・。
そういいつつも、嶋はやっぱりどこかで自分が傷つくことが怖いんですよ。
あたりまえですけど。
いつか、自分はノンケだったからと言って、去って行かれることが、怖いんです。
だれでも、大事な人とさよならするのは、悲しいし辛いんですよ。
でも、それが怖くて、外川のために別れを選ぶ、と言ってしまうのは、ダメだよね・・・。
それもわかるんだけど。
外川は、そんな土壇場で、きっちり「好きだ」と告げるんです。
同情なんじゃないかと言った嶋に、同情も愛情も、同じ情だなんて言ってのけて。
この人だって、大好きな人に突然さよならも告げられずに別れる辛さ、十分知っているのに、その先にあるかもしれない痛みより、今を選ぶんですよ。
だけど、臆病な嶋は逃げだすほうを選んでしまい、外川とはあまりいいとは言えない別れ方をしてしまうのです。
その後の嶋は、髪を切ってみたり、仕事に打ち込んでみたり。
忘れる努力してるんですよね。
それって、それだけ大事だったってことなんですけど、それにまだ気付けない。
でも、あるとき、机の中から、外川の置き土産が転がりおちてくる。
ぽろって。
その瞬間、ずっとずっと我慢してきたものが溢れ出しちゃって、大人の男が職場で本気で涙してしまいます。
もし、自分が同僚だったら、ふざけんなとか言ってしまいそうなんですけど、読者的にはもうダメ・・・。
そんなにも外川のこと好きなのに、どうして別れるなんてことしちゃったんだよ!って本気でしかりとばしたくなります。
それくらい、嶋の涙は苦しいね。
でも、そこまできて、やっと嶋は自分が逃げてたことを後悔して、怖くても前に進むことを選びます。
だれだって、怖いことから逃げたいけど、外川はそれから逃げ出さない術を、嶋より早くに知ってるんですよね。
だから、ああやって、受け止めれるのかな。
結局、「好き」って気持ちは、なにものにも変えがたいよね。

posted by 棗 at 20:34| Comment(10) | TrackBack(5) | BL(マンガ)>ヤ行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棗さん こんばんは♪

きゃー♪早速のレビューですね(≧∀≦)
大人お嬢さんズに大人気のコミックスにまんまとハマった方がまた一人…ふふふ♪
名古屋で無事ゲットできてよろしゅうございました(*´▽`*)

なんかね、すごく目新しい話というわけではないのに、じんわり心に染みますよね。
いっぱい泣いても後からすっきりする、とてもいい涙を流せちゃうお話でした。

外川なんか最初は嶋共々うわ〜オッサンくさ!いやん!だったのに(笑)だんだん男前に思えてきちゃうマジック!(≧∀≦)
嶋のツンデレぶりも可愛かったですよ〜♪
小野田の前で泣き出しちゃった嶋に私も涙ぼろぼろ(ノ_・。)

小野田さんも地味にいいメガネでした…(*´▽`*)

これからがとっても楽しみな作家さんですよね♪

TBいただいていきますのでよろしくお願いします♪
Posted by ゆちゅらぶ♪ at 2008年09月16日 22:49
こんばんは♪ゆちゅ♪さん。

早々に腐女子モード全開でーす(笑)
名古屋まで買いに行った甲斐がありました♪
派手じゃないけど、しっとりといいお話でした。
ヨネダコウさん、今後が気になります〜。

しかし、外川の登場シーンがアレだっただけに、まさかこの人と!とちょっと驚きました、実は(笑)
私ならイヤ!二日酔いでクサイオッサンなんて!(自分より年下だけど、外川・・・)
でも、なんだか嶋を構ってしまう姿見てると、妙にかわいらしく見えちゃうというか、素敵に思えてると言うか・・・。
ヨネダさん、すばらしいですよ(笑)

嶋!ツンデレ!
そうか、そんなんですね!
どうもツンデレの定義がまだあやふやなんですよね、私・・・。
臆病で繊細でツンデレ、萌えますね♪

小野田さん、これからもしばらく悶々としていただき、外川にはきりきりしてほしいですよね(笑)

コメント&TBありがとうございました。
Posted by 棗 at 2008年09月16日 23:06
棗さん、こんばんは!

これあの名古屋で購入されたんですね!オフ会のレポも読ませていただきました!いや〜ん、ほんと楽しそうですね(>∀<)うらやましいです〜☆

これほんとよかったです!大人お嬢さんの私も大号泣!BLコミックでこんなに泣いたの久々でしたよ。ほんとこれでもかってくらいアホな程泣きました。もう、嶋の以前の恋で外川に対して臆病になってるけど抑えられない恋心の1つ1つの心情がもう切なくて切なくて・・・。最後、外川の嶋への心情も相まって、切なさ最高潮・・・私の涙も大洪水・・・。

私も最初の外川の印象はサイアクでしたけど(臭いとかありえない!)、多分外川・・・職場にいたら私も好きになってると思います(゜∀゜;
今後何度読み返してもきゅんとして、そして泣きそうです。

TBお願いします(^^)
Posted by miku at 2008年09月17日 00:39
mikuさん、こんにちは。

オフ会レポ読んでいただいたようで、ありがとうございます。
あいかわらず名古屋は楽しい街ですよ(笑)
また弾けてしまいました・・・。
しかし、名古屋でこのマンガを探す自分が必死過ぎて、おかしかったです。
でも、その甲斐あっていい作品に出会えました!

>BLコミックでこんなに泣いたの久々でしたよ。

私もなんですよ!
小説だと感情移入が激しくて、結構あれこれ涙してますが、マンガはほんとに少ないですね。
人が亡くなってしまうような話だと、すごく泣くんですが、まさかこんなに恋する気持ちで心揺さぶられるとは・・・。
しかもマンガで!
ヨネダコウさんは、ほんとにすばらしい漫画家さんですね。

どうしても嶋目線で読みがちなんですが、外川の嶋への気持ちも、すごく辛いですよね。
昨日、みなさんの感想じっくり読んでからまた読み返したんですが、最初とは違ったところで、ぐっときちゃって、大変でした(笑)
最後の「幸せ」ってところが、とどめですよね。
ふー、この作品になると、私暑苦しいです、ゴメンナサイ(笑)

コメント&TBありがとうございます。
Posted by 棗 at 2008年09月17日 18:27
こんばんは!棗さん。
私はアンソロの方で細切れに読んでいたので、残念ながら涙零れるほどではありませんでした…。
ただ、外川さんのエピソードは自分の体験談(というか伝聞だけど)もあって、すごく身に迫るものがあって切なかったです。

嶋君は私的にはツンデレ猛禽ちゃんかなあ?
なんだかんだいって、結局“男”を切らさないタイプの“受け”に見えるし(笑)。
彼が女性だったら、ブチ切れてるかもしれない…私…。
や、ビジュアルはすんごい好きなんですけどね〜。
特に髪の毛を切って、一皮向けた表情とかそういうのは。
私は、短髪キャラが大好きだし♪

という訳で、私の感想は読み返すと温度低め(アンソロの時の感想の方がテンションが高いかと)なんですが、TB頂きますねー。
ではでは。
Posted by tatsuki at 2008年09月17日 19:54
tatsukiさん、こんばんは♪

ははは、年取ると、涙腺弱いんですよ(笑)
うーん、コミックスで一気に読んだからなんですかね、ぐーって物語に引き込まれて、気がついたら泣いてましたね。

クラフトは・・・今まで、ものすごーく相性の良かったお話がないというか。
けして嫌いじゃないんですけど、なんかさらりとした雰囲気の話が多くて、私好みじゃないのかなあと思い込んでたので、なんとなく躊躇したんですよ。
でも、今回認識あらためました。
超ハマりました!

>髪の毛を切って、一皮向けた表情とか

髪切ってすごくかっこよくなりましたね〜。
私、とくに長い短いにこだわらないんですけど、ビジュアルが急に変わるのって、結構好みですね。
でも、振られて髪切るなんて、ちょっとかわいすぎるなあ、嶋。
私でもしないよ、もう・・・。

ていうか、暑苦しい感想でスミマセン(笑)
ああ、温度差が〜。

コメント&Tbありがとうございました。

Posted by 棗 at 2008年09月17日 21:13
棗さん、こんばんは!

もう…もうこれは涙なしでは読めませんよね!
恋愛している時って冷静なようで冷静じゃなくて、嶋のように間違った判断をしてしまうのもとっても理解できる。
男同士の話だけど、恋愛の部分でとっても共感できる所があって、久々に大泣きしてしまいました。

そして、最初はオッサンな外川がどんどんステキに見えてくるこのマジック!
いや、外川は本当にできた男なのですが。
一見軽そうな攻が、実は重い過去を経験していて精神的に強いというギャップにやられてしまいました。
こんな上司いたら絶対惚れるよ…。

私も大興奮で感想を書いたのですが、棗さんも同じように嵌っていてとても嬉しいですw
TBさせていただきますね。
ではまた〜
Posted by にゃんこ at 2008年09月17日 21:47
こちらでも、こんばんは♪

みなさん大絶賛で、木原音瀬さんもオビ書かれてて、しかも苦労して手に入れて、ここまできたら期待が大き過ぎて案外肩透かしだったりしてー・・・と最初思ったんですよ。
ちらっと。
でも、もう読み出したら引き込まれちゃって、泣いてました(笑)

木原さんの「大人のお嬢さん」っていうフレーズがものすごく的を得てるような気がしました。
図々しくも、自分をお嬢さんとか言っちゃってますけど(笑)
いろんな恋愛経験してきて、それをまだ忘れてない人には、たまんないお話でした。
それくらい、心にせまってくるものがありました・・・。
男同士だろうと、男女の恋だろうと、やっぱり切なかったり苦しかったり、幸せだったりは同じですよね♪

外川のおっさん・・・私より全然年下なのに(笑)
あの登場シーンは強烈でしたが、職場にいたらどうでしょう・・・恋に落ちるかな?
ああいうさりげない優しさとかみせられるところっと行きそうですが、二日酔い状態だけだと、ダメっぽいですー(笑)
でも小野田さんには、眼鏡ってだけで確実に惚れます!

みなさまにはこんないい作品に巡り合わせてもらってありがとうございます!
しばらく毎晩読んでしまいそうです。

コメント&TBありがとうございました。

Posted by 棗 at 2008年09月17日 22:55
遅ればせながら私も読みましたので、TBさせて頂きました〜☆

私は意外とそこまでハマった!とまではいかないまでも、今後作品気になる作家さんの一人とお見受けしました( ̄ー ̄)
Posted by 美鳥 at 2008年10月09日 15:23
美鳥さん、こんばんは。

随分羞恥プレイをくぐり抜けて入手されたようで・・・。
大変お疲れさまでした。

私は、久々に感動の作品に出会ったという感じでした♪
ヨネダコウさんって、一部では有名だったっというお話を聞いたのですが、いや素晴らしかったですよ。
なかなかこういう作品に出会えないので、またヨネダさんの次回作には期待したいです。

コメント&TBありがとうございました。
Posted by 棗 at 2008年10月10日 20:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

どうしても触れたくない
Excerpt: どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26) ヨネダ コウ 全然読んだことのない作家さんなのですが、今回帯買いですよ帯買い(笑) 作家買いとかジャ..
Weblog: 水中雑草園
Tracked: 2008-09-16 22:51

どうしても触れたくない
Excerpt: こんな素敵なBL作品を読めて、腐女子に生まれてきてよかったって心から思いました(;_;) こんな帯で、私買わないわけがない!!!(し...
Weblog: BL本の日記
Tracked: 2008-09-17 00:25

どうしても触れたくない
Excerpt: ヨネダコウさんは偉大デス! 最初から最後まで、ちゃんと楽しめる面白いBL作品を描き上げてくれましたから。 そりゃプロなら当たり前だろっ...
Weblog: la aqua vita
Tracked: 2008-09-17 19:41

どうしても触れたくない
Excerpt: どうしても触れたくない (ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26)ヨネダ コウ大洋図書 2008-09-01by G-Tools これはもう文句なくオススメ! ステキな作品に.....
Weblog: にゃんこのBL徒然日記
Tracked: 2008-09-17 21:48

ヨネダコウさん 『どうしても触れたくない』
Excerpt: やっと予約していたヨネダさんの本届きました〜☆ 数々の羞恥プレイを超えて、結局あの予約後みづきさん(いつもお世話になっております☆)...
Weblog: 美鳥の日記
Tracked: 2008-10-09 15:16