2008年09月11日

BLCD「極道はスーツがお好き」



<キャスト>
榎田弘哉:平川大輔、芦澤祐介:黒田崇矢
木崎直道:浜田賢二、諏訪拓也:成田 剣

<内容>
「俺が満足するスーツを作り、それが仕上がるまで愛人を務めれば、借金は帳消しにしてやる」

――傲慢な口調で無体な要求を突きつけてきた男、芦澤。
高級なスーツを嫌味なく着こなし野生の色香を放つその男の正体は、ヤクザだ。
真面目な二代目テーラーの榎田は、老舗の看板を守りたい一心でデンジャラスな世界に足を踏み入れ、男の味をたっぷり教え込まれることに…。
危険な愛の仕立て屋稼業。


実はこの作品、平川さん・受け作品御三家(※注:自分的に、これだけは聞けんだろう!という平川さん受けのBLCD3作品のこと。うち一作「是 玄間×氷見編」は先日めでたくクリア(笑))・・・ではなかったのです。
聞く気満々CDでした。
・・・自分の基準がよくわからん(笑)
というわけで、噂の綿棒プレイ♪






原作未読なんですか、話的にまあ「え?それありなの?」のところがあったんですけど、いいんです、そんな些細なコト(え?)
このCDの醍醐味は、エロですよエロ!
芦澤@黒田さんの低音ボイスと、榎田@平川さんのいやーん♪な喘ぎ声を堪能する一枚です。
というわけで、いぶつそうにゅうモノでーす。(←なんかこわれてる)

あらすじ通りの内容ですね、ハイ(笑)
借金のカタに、ヤ●ザの愛人〜♪
このヤ●ザの芦澤@黒田さんがですね、どえらいかっちょいいんですよ、もー低音のフェロモンでまくりの攻めボイス♪
そんな彼が「ポピュラーなプレイ」とおっしゃいました、綿棒プレイ♪
・・・私、このプレイ、いままでBL読んで(聞いて)きて、出会ったのって、この作品が初めてなんですけど(笑)
どこらへんがどうポピュラーなのか、400字詰め原稿用紙2〜3枚で説明して欲しいですね、芦澤さん!
っていうかね、平川さん(泣)
すばらしいいよ、そのプロの仕事っぷりに私はいたく感動いたしましたよ。
榎田@平川さん・・・一体どのぐらい喘いでたんだろう。
なんかこの作品、平川さんの声の印象が「喘ぎ声」しかないんですけど・・・。
確かに、普通に話してるシーンもあったし、芦澤@黒田さん以外の人とシーンもあったはずなのに。
なぜ?
それは私が平川さんのファンだからか・・・。
でも、いままで聞いた平川さんの受け作品のなかで、一番すごかったよ。
・・・あ、作品の感想になってないや(笑)

ところで、このシリーズ、いぶつそうにゅうモノを極める気か!みたいな(笑)
3作目は、より大変なことになってるようですね。
LADY BUGさんのサイトにあった、平川さんのコメントにかなりびびってます。

posted by 棗 at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BLCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック