2008年07月21日

不埒なボディガード:ななおあきら


ななお あきら
Amazonランキング:17209位
Amazonおすすめ度:



<あらすじ>
なにがあっても、この人を護らなきゃ―とある人物から、ホストクラブ「Aquarium」のナンバーワン・桜庭の警護を依頼されたボディガードの旬。常に密着状態の生活の中で、旬は桜庭にHなことを仕掛けられ、彼のエロテクでカラダを開発されちゃって…!?密かに好きな人から施される快楽に燃え上がり、彼の瞳を覗いたら、そこにも熱が潜んでいるみたいで…。夜ごと深まる濃厚エロスラブ、オール書き下ろし。
ホスト×ボディガードモノ。

※ネタバレです・・・っていうか、あらすじがあらすじなので(笑)

ボディガード萌え♪傾向のある私に、ゆちゅ♪さんからオススメしていただいた、ななおあきらさんの「不埒なボディガード」。
なんて、ストレートなタイトル。
・・・でも、私、このタイトルとあらすじだったら、普通は買わない(笑)
それにしても、この話、看板に偽りありといいますか、JAR○に訴えたくなる、タイトルとあらすじですよね!
ってうか、これでこの本、絶対に損してる!!
ビープリ的には、そういうエロ路線で読者ゲットだぜ!なつもりなんだろうか・・・。
それ間違ってる〜、絶対。
中身は純情ボディガードのかわいらし〜い恋愛模様ですよ♪





24時間警護をたった一人でっていうのは、いくらなんでも無理だろう!
・・・というツッコミはしないように、BLですから(笑)
そういいながらも、私はツッコミましたけどね。

某国の女王専属のボディガードの旬は、留学中の女王・アニカに付き添い日本までやってきて、連日のホストクラブ通いにまで付き合わされる日々。
そのためだけに時間を費やし、プロとして訓練されている旬は、そんな毎日に不満を漏らすこともなく、仕事にきちんと取り組みます。
ある冬の寒い夜、ホストクラブで遊ぶアニカを警護するため、店の前で待機していたところ、酔っ払いに絡まれていたところを、そのホストクラブのナンバーワン・桜庭に助けられます。
女王専属のボディガードとなるため訓練された旬は、ちょっと情緒的なものが未発達なんですよね。
だから、助けるために、桜庭に抱きしめられたあげくにキスまでされて、もう頭の中は真っ白。
その時、はじめて知る感情に戸惑いながらも、それが何だかわからないまま、別れることに。
もう二度と会わないのだと思っていたのに、再会はあっけなく訪れます。
留学を終え国に戻ったアニカの妊娠が発覚したことで、国の中枢部は大騒動に。
その父親が、アニカが留学中に出会ったナンバーワンホストの桜庭であったことで、旬は桜庭の警護を任され、彼の元を訪れることに。
跡継ぎの父親であるということで、命を狙われるおそれがある・・・そう言われて、はいそうですかといえるほど一介のホストは素直じゃない(笑)
っていうか、普通信じらんないと思うんですよね。
たとえ、身に覚えがあっても(笑)
どうやったって信じてくれない桜庭に、むげに扱われ、否定されて、めちゃくちゃにへこむ旬。
でも、その気持ちがなんなんだかわかんないんですよ。
なぜ、信じてもらえないのが悲しいのか、追い払われるのが辛いのか、そして優しくされると嬉しいのか。
そういう感情を抱えながら、必死に桜庭を守るんですよ、旬は。
それこそ、この人を守りたいから。
そういう純粋な感情なんですよね。
その一方で、桜庭としては、もうわけわかんない状況(笑)
いきなり父親ですって言われてみたり、ボディガードが現れたり、本気で命狙われたり。
そんなこんなで24時間べったり旬にひっつかれて、もうストレスが限界。
そしてお決まりのパターンですよね、「外に出かけるなというなら、性欲処理させろ」ってやつですね。
桜庭も、案外イイ子なのか、そんなこと言いながらも、仕事のためと割り切って、身体投げ出しちゃう旬にものすごい怒ったりしちゃうんですよね。
でも、つまみ食いはするけど(笑)
そんな身体の関係が出来ると、急に距離が縮まるのが世の常と言うものです。
ボディガードとして、大切なひとである桜庭をなにがなんでもまもりたいと思う旬と、ボディガードとしての使命を最優先する旬に、苛立つ桜庭。
・・・ようするに、お互いが、お互いを大事に思っているのに、価値観の違いから、微妙なズレが生じます。
ホントに、旬が可愛いんですよ。
はじめての恋に、右往左往してる様が。
ただひたすらにボディガードとして生きてきて、自分のことより女王の命がすべてな生活。
何もかもを置いてきちゃってるんですよね、精神的なものは。
だから、仮初めの恋が売りのホストにかかってしまえば、翻弄されてしまうのが当然。
その、気持ちがまたとんでもなく純粋。
多分、見た目はきちんと大人だし、仕事してれば完璧にプロに徹することができるはずの旬が、たったひとつの恋に、どうしようもなく揺れてる姿は、すごくよかったです♪
桜庭は、もともと家族の縁が薄く、アニカに子供ができたと聞いて、必要とあれば認知もするし、できることはなんでもしたいと、そう思ってるんですよ。
・・・ホストですけど、その辺はまっとうな考え持ってる人で。
そのけじめはつけたい、でも旬に、どうしようもなく惚れてしまった。
旬だって、最初から桜庭が自分のものにならないことはわかってたし、アニカの元へいくのを見送るべきだとわかってるんですが、そこまで育った感情って、そう簡単に終わりには出来ないんですよ。
そんな最後の逢瀬は、なんか気持ちが通じあってるからか・・・よかったな。
・・・しかし、その状態でえっちって、むりだろうよ!
死んじゃうって(笑)

posted by 棗 at 21:00| Comment(2) | TrackBack(1) | BL(小説)>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
棗さん こんばんは♪

>・・・しかし、その状態でえっちって、むりだろうよ!
死んじゃうって(笑)

ああ、鋭いツッコミ(笑)
これにしろ24時間ボディガードにしろ「まあBLだからな」とスルーしてしまいましたが、冷静に考えれば普通にツッコミどころも満載ですね(笑)
しかもタイトルあれだし〜。
ホントに作者さんに気の毒だよな…。

それもこれも旬の可愛さでお釣りが来ます!
ボディガード萌えの棗さんに気に入って貰えるか心配でしたが、楽しんでいただけたようでよかったです♪

TBいただいていきますのでよろしくお願いしますね♪
Posted by ゆちゅらぶ♪ at 2008年07月21日 22:27
ゆちゅ♪さん、こんばんは。

>冷静に考えれば普通にツッコミどころも満載ですね(笑)

魔法の言葉「まあBLだからな」(笑)
・・・私、そんなに心広い方ではないんですけどね、この言葉ですべて流せます。

でもBL読んでてけっこう、瀕死の状態でいたしてるカップルって多いですよね。
そこまでいかなくても、病み上がりとか、風邪っぴきだったり・・・。
受けちゃんが具合わるい時は、「後無体な・・・」と思うんですけど、逆だと「がんばりやがれ!」と思ってしまう、酷い女です(笑)
旬は、ほんとに気の毒で・・・。

そして、今回よくわかりました、私はボディガードものは、ボディガード・受がより萌えます!!
これからも、年下ワンコともども、ボディガード・受もよろしくお願いします(笑)

コメント&TBありがとうございました。

Posted by 棗 at 2008年07月22日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

今日から無職♪〜不埒なボディガード〜
Excerpt: 不埒なボディガード (B-PRINCE文庫 な 2-1) ななお あきら JUGEMテーマ:読書 うをー!純情ボディガード萌えー!ヾ(≧∇≦)ノ♪ 特に私にはボディガード萌え属性は..
Weblog: 水中雑草園
Tracked: 2008-07-21 22:30