2020年08月17日

夏の離宮 叛獄の王子外伝:C・S・パキャット




宮殿の庭園をふたりが歩いて行く。ここはイオスの「夏の離宮」。デイメンの母が庭園を設計し、19歳のデイメンがかつて狩りに熱中した思い出の離宮。運命を決したキングスミートでの裁判、カストールとの最後の戦いの後負ったデイメンの傷もようやく癒えてきた。アキエロスの政情はまだ不安定で、ローレントの即位もこれからだ。忙しい日々を送る王と王子は、ここでならゆっくりと二人だけの時間を作ることができる。ローレントは戸惑いながらもいつもより素直な表情をデイメンに見せるー。「叛獄の王子」エピローグとなる表題作ほか3作を収録した、「叛獄の王子」外伝。


そんなレアな人はきっといないと思うけど、この番外編読んでから本編読んだら、多分驚くと思う。




続きを読む
posted by 棗 at 19:26| Comment(0) | 翻訳BL>C・S・パキャット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月01日

2020年7月の読書記録

7月分
購入1冊
Kobo23冊
図書館3冊

読了
BL小説9冊
一般小説3冊
合計12冊
積本188冊



「Winter Kill」はずっと翻訳を〜と叫んでたので、うれしい。
この調子で、Holmes & Moriarityシリーズも!


続きを読む
posted by 棗 at 20:03| Comment(0) | 雑記>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする