2020年02月09日

フェア・チャンス:ジョシュ・ラニヨン



元同僚で収監中のシリアルキラー、コーリアンが共犯の存在をほのめかした。捜査に乗り出したエリオットだったがその矢先、タッカーと連絡が完全に途絶える。彼に一体何がーー? 人気シリーズ完結篇。



記念すべきモノクロームロマンス文庫第1弾(2013年!)だったこのシリーズ。
当時は、シリーズ化してこんなに長く読めるとは思いもしなかったですよ。



続きを読む
posted by 棗 at 09:55| Comment(0) | 翻訳BL>ジョシュ・ラニヨン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする