2016年01月24日

聖夜の理由:クリッシー・マンダー

B0194L37SC聖夜の理由 (モノクローム・ロマンス文庫)
クリッシー・マンダー 二宮悦巳
新書館 2015-12-17

by G-Tools

クリスマスに実家に帰ろうとしていたアダムを置いて、友人は車で彼女と出かけてしまった。「10年に一度の嵐」の中、途方に暮れるアダムは寮の掲示板でドライブシェアの相手を見つけた。だがやってきたのは目つきが鋭い男で――。




アポカリプスと言えば、マテリア成長3倍とすぐ頭に浮かぶ。


続きを読む
posted by 棗 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳BL>いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

マイ・ディア・マスター!

びっくりするほど寒い…。
こんな時こそ、「聖夜の理由」とか読んだらいいと思う。

B00BSL7TLSThe Gentleman and the Rogue (English Edition)
Bonnie Dee Summer Devon
Duet Publishing 2013-03-11

by G-Tools


Amazonさんに出てましたが、「The Gentleman and the Rogue」の翻訳版、3月発売、バンザイ!
前読んだ時、「イギリス人、なぜこんなに馬車にこだわる…」と思ったような記憶が。
馬車は馬車でいいじゃん!と。
そしたら、イギリス文学の先生が、イギリスは階級社会なので、そういうところも言葉にあらわれてるんですというようなことをおっしゃってまして。
そうか、馬車の種類のが違うってことがすごく重要なんだ…と感心したことがあったんですが、無駄になってないな、M/M読書。(強引)


続きを読む
posted by 棗 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

SKYBOUND電書化



ようやく「SKYBOUND」が電書化。
この話電書化される上でひとつ非常に気になる部分が!
そう雑誌掲載時に横書きだったのがどうなるかということ。
当時は衝撃だったのよ…。
とはいえうちのkoboさんは、ページめくりが洋書の時に使いやすいように設定変えたので、逆に縦書きだとページめくり間違えて、戻ってしまうんだよね…。


今、翻訳して欲しい作品のひとつのTHIRDSシリーズ。
次の新刊の「Catch a Tiger by the Tail」、表紙がCalvinとHobbs!
楽しみ過ぎる…!
今年は、すこし積んだ本を消化する方向で、買うのを控えて…と思ってたけど、元旦からポチッてた私には今年も積本消化は長く険しい道だと思われるのであった。
続きを読む
posted by 棗 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月02日

2015年の読書記録

去年は小説166冊、マンガ10冊。











続きを読む
posted by 棗 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月01日

2015年12月の読書記録

2016年はどんな本に出会える年になるんでしょうね。
ということで今年もよろしくお願いします。

12月分
購入5冊
kobo16冊
図書館2冊
借り物1冊

読了
BL小説17冊、BLマンガ0冊
一般小説3冊、一般マンガ2冊
合計22冊
積本はBL63冊・一般5冊で合計69冊。


ブクログに反映できない本もあるから実際は積本はもうちょっと多いはず。
しかし、紙のBL本は積みゼロになりそうと思ってた時期もあったんですけどね…結局まだ積まれてる。
どうしても一度読んだ本って後回しにしがちだ…。



続きを読む
posted by 棗 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする