2015年02月20日

3月のお楽しみは2回

ロング・ゲイン ~君へと続く道~ (モノクローム・ロマンス文庫)

3月のモノクローム・ロマンスの表紙がAmazonにきてましたよ!
ふふふカワイイ。
今までのモノクローム・ロマンスはわりと渋めでしたが、これはかなりカワイイ雰囲気ですね。
楽しみ楽しみ。
来月は雑誌もで恋する狼の後編も読めるし、3月はどんなに仕事忙しくてもがんばれる気がする(`・ω・´)
レインのアレ超楽しみにしてる!

しかし、この「ロング・ゲイン ~君へと続く道~ 」の原書の「Promises」がkoboさんでどーしても見つからぬ…。
これシリーズの他のは入ってるんだけど、肝心のこの1作目がないとか、どんなお預けプレイだよ!
…いや、翻訳が出るからって、別に原書を絶対に読まなきゃいけないというわけではないんだけど(笑)
まあ読みたいと思うのが、オタク心というものなのです。
ということで、この週末にでもがんばって海外サイトで購入してみようかと検討中。(ハードル2つあって、1つはクリアできるんだけど、もうひとつがなかなか)→しました!(日記ブログ

そういえば、「わが愛しのホームズ」も柿沼さんで、この作品も翻訳家さんがはじめましての方で、モノクローム・ロマンスさんやる気?やる気でしょ?
って私は勝手に期待してるんだけど、モノクローム・ロマンスがもっといっぱい出てくれるようになったりするのかなー。
お願いだから、L.B.GreggさんのMen of Smithfieldのシリーズを〜。
他にもいっぱい読みたいのがあるんだけどね!




posted by 棗 at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

恋襲ね:小林典雅

459285103X恋襲ね (白泉社花丸文庫BLACK)
小林 典雅 円陣 闇丸
白泉社 2013-04-19

by G-Tools

友である麻谷冬野を想いながらも、殿の寵童となることを余儀なくされた叶鮎之介。殿の側用人高辻直方に閨房術を指南され、決死の思いで殿の閨に侍るが、内実、寵童とは名ばかりのただの淫具にすぎなかった。そこへさらなる悲劇が襲いかかり、懸命に耐え忍んでいた鮎之介の心が折れかける。とその時、直方が思いもかけぬ告白をしてきて…。お道具調教、擬似プレイ、攻一人×受二人の3P(百合プレイつき)、正統派H、お仕置きソフトSM、攻二人×受一人の本命3P(二輪挿し)―。小林作品他に類を見ない官能度。男たちの純粋で糜爛な恋。


小林作品他に類を見ない官能度。
小林作品他に類を見ない官能度。
(大事なことなので、二度言いました)


続きを読む
posted by 棗 at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>小林典雅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

わが愛しのホームズ:ローズ・ピアシー

4403560202わが愛しのホームズ (モノクローム・ロマンス文庫)
ローズ・ピアシー ヤマダ サクラコ
新書館 2015-02-07

by G-Tools

ベーカー街221Bの下宿で、シャーロック・ホームズとともに暮らすワトソン博士。ホームズのよき理解者で事件の記録者である彼は、ホームズに対する秘めた想いを抱えたまま毎日を過ごしていた。そんなある日、美しい婦人がホームズの元を訪れ、同居女性の不可解な言動について調べてほしいと告げる。事件の解明が進む中で、ワトソンは自分とホームズの関係に向き合うこととなる―。ホームズとワトソンの関係に新たな光を投げかけた、ホームズパスティーシュの傑作、ファン待望の復刊!



ホームズパスティーシュと呼ばれる作品は、「シャーロック・ホームズたちの冒険」(著:田中啓文)、「シャーリー・ホームズと緋色の憂鬱」(著:高殿円)…あと、アイリーン・アドラーを主役に据えた作品も1作品読んでるくらい。
…そして今個人的には、「ジョン、全裸同盟へ行く」がひじょーに気になってる。
BBCドラマのSHERLOCKのおかげで、すっかりシャーロック・ホームズに興味が湧いたりはしたんですが、まさかのモノクローム・ロマンスからパスティーシュの登場にテンションあがりましたよ!
とはいえ、ドラマSHERLOCKでは完全にアイリーン・アドラーとシャーロックの関係がドストライクで、超萌え萌えだったんですけどね…。

この作品復刊でしかも1993年に花丸から出てるという事実に驚かされつつ、読みました。


続きを読む
posted by 棗 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳BL>いろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

何度でもリフレイン:安西リカ

4403523714何度でもリフレイン (ディアプラス文庫)
安西 リカ 小椋 ムク
新書館 2015-02-07

by G-Tools

ずっと忘れられずにいた大学時代の恋人・佳史と、仕事先で再会した真下。十年経ち、彼は大企業の役員となっていた。別れの前後の記憶が辛すぎて、必要以上の関わりを避けたい真下に対し、佳史は昔と変わらぬ情熱を向けてくる。世間知らずで甘えたがりだった佳史も、今やすっかり仕事のできる大人の男。それを眩しく思うと同時に気後れを感じる真下は「友達でよければ」と佳史との付き合いを受け入れるけど…?



あれ?ディアプラス文庫って、背表紙にイラストが入ってましたっけ?


続きを読む
posted by 棗 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>安西リカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

海賊王の死 アドリアン・イングリッシュ 4:ジョシュ・ラニヨン

4403560199海賊王の死 ~アドリアン・イングリッシュ 4~ (モノクローム・ロマンス文庫)
ジョシュ・ラニヨン 草間 さかえ
新書館 2015-02-07

by G-Tools

アドリアンの小説に映画化の話が持ち上がり、出席していたパーティ会場で映画のスポンサーが突然死する。調査にやってきた刑事を見てアドリアンは凍りついた。そこには2年前に終わり、まだ傷が癒えてはいない恋の相手・ジェイクの姿があった。ジェイクの部下はアドリアンに疑いの目を向ける。被害者の体から検出された毒の中に彼の心臓の薬と同成分のものが含まれていたのだ。アドリアンはジェイクの協力を仰ぎながら独自に事件の調査を始めた。俳優のポール・ケインからジェイクとの過去を聞かされ、ざわついた気持ちを抱えたまま。そしてジェイクは2年前に言えなかった言葉を語り出す―。胸に突き刺さる怒りと痛み。相克と再生の第4弾。




アドリアンイングリッシュシリーズも、「天使の影」「死者の囁き」「悪魔の聖餐」ときてとうとう四作目「海賊王の死」。
1作目読んだ時は、全5冊かあ、長いなあと思ってたけど、今はあともう1冊かあ…という気持ちに。
原書も買ってはいるけど、すぐに読むのがもったいない気分がしてる。


※前作までの内容に触れてるので、今からこのシリーズ読むよという方はお気をつけください。
続きを読む

2015年02月08日

COLDシリーズ1〜3:木原音瀬

COLD SLEEP (新装版) (ビーボーイノベルズ)COLD LIGHT (新装版) (ビーボーイノベルズ)COLD FEVER (新装版) (ビーボーイノベルズ)
「COLD SLEEP」「COLD LIGHT」「COLD FEVER」
事故で記憶をなくした高久透は、友達だと名乗る年上の男・藤島に引き取られる。藤島は極端に無口なうえ、透の「過去」を何ひとつ教えてくれず、透はどこにも居場所がないような寂しさを募らせる。しかし藤島とともに暮らすうち、彼の中に不器用な優しさを見いだして―。過去と現在が複雑に絡み合うあの超話題作の新装版がいよいよ登場!ショート番外編書き下ろし。



どうしてもフェアでもらえる小冊子が欲しかったので買ったはいいが、積みに積んでたこの本…。
ようやく日の目を見た!


続きを読む
posted by 棗 at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>木原音瀬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月07日

こいのうた:高遠琉加

479640287Xこいのうた (ガッシュ文庫)
高遠 琉加 三池 ろむこ
海王社 2012-02-28

by G-Tools

両親が不仲の家に帰りたくなくて、放課後を空き教室で過ごしていた高校生の八尋。ある日、英語教師の狩谷がピアノを弾きながらひそやかに歌っているところに遭遇する。甘くせつない旋律―その歌声は八尋の胸にさざ波をたてた。その日から狩谷と過ごすようになり、朗らかで優しい狩谷の秘めた寂しさを知るうちに惹かれていった八尋。けれど、彼の心は別の男にとらわれていた―。それから7年後、社会人になった八尋は狩谷と再会し…。



確か発売当時、どこかで書かれてる感想を目にして長いこと積むハメになってしまったわけですが、当然読み手が違えば、感じ方も変わってくるものですよねと。
しかし、なんか自分の中で高遠琉加さんブームがまた来そうな感じだな、スイッチ入ったかな?

続きを読む

2015年02月05日

リバーズエンド:木原音瀬

4883864138リバーズエンド (Holly NOVELS)
木原 音瀬 小椋 ムク
蒼竜社 2012-09-26

by G-Tools


キャッスルマンゴー (マーブルコミックス)キャッスルマンゴー2 (マーブルコミックス)
十亀にとって高校も友達もどうでもよくて、父親がつくった借金の返済に追われ、バイトをしながら姉弟と一日をなんとか食べて生きること、それがすべてだった。そんな時、ふとしたきっかけから同じクラスの二宮と口を利くようになり、彼の明るさに十亀の心は少しずつ癒されていく。しかし、二宮にほのかな想いを感じはじめた矢先、哀しい運命が十七歳の十亀を待ちかまえていた―。表題作に加え、大人に成長した十亀が優しい恋人・万と出会い、映画監督への道を歩み始めた「今」の葛藤を描いた書き下ろしを収録。




雑誌の付録だったリバーズエンドを読んだ時の衝撃を私は忘れない…。

続きを読む
posted by 棗 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | BL(小説)>木原音瀬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月01日

2015年1月の読書記録

1月分
購入6冊
kobo6冊
図書館2冊

読了
BL小説18冊、BLマンガ3冊
一般小説3冊、一般マンガ2冊
合計26冊
積本73冊


ちょっとした積本強化月間…いや週間でした。
それでもまだ全然減った感がないんですけどね…。

続きを読む
posted by 棗 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする