2014年05月11日

狼の遠き目覚め:J.L.ラングレー

4403560172狼の遠き目覚め (モノクローム・ロマンス文庫)
J.L.ラングレー 麻々原 絵里依
新書館 2014-05-09

by G-Tools

人狼の私立探偵・ジェイクの伴侶<メイト>・レミは、父親・ダークの暴力に支配されていた。
普段は鼻っ柱の強いレミが、父親の前では萎縮して何も言えなくなってしまう。
メイトのそんな姿に、ジェイクの胸は締め付けられる。レミの心を自由に解き放ちたい。
その一方でジェイクはレミの存在に狂おしいほどの支配欲をかき立てられていた。
そんなジェイクの思いに包まれたレミは、勇気を出して封印していた記憶と向き合う。
それは目を背けたくなるような悪夢のような記憶だったーー。

訳者冬斗氏による、人狼世界のヒエラルキーの解説は必見。
アルファ、ベータ、オメガの関係が丁寧に説明されます。


待ちに待ったモノクロームロマンス第四弾。
もったいないからじっくり読もうとか考えてたけど、そんなの無理!
ク●ネコさんが届けてくれてから即没頭。
途中読み終わるのがもったいない〜と思いながらも読むのがやめられなくて、濃密な二時間を過ごしましたよ〜。
ああああああ、レミが可愛すぎて悶える。

ということで、この作品気になったかたは、ぜひとも前作『狼を狩る法則』を読んでからどうぞ♪
その方が絶対楽しめると思うのです、なんていうかレミの可愛さ爆発だよ(`・ω・´)

続きを読む
posted by 棗 at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳BL>J.L.ラングレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月01日

4月の読書記録

あらなんてこと、5月ですよ!

購入9冊
kobo10冊
図書館3冊


読了
BL小説6冊、BLマンガ4冊
一般小説3冊、一般マンガ3冊
合計16冊

積本95冊
おっと、もう少しで大台に逆戻り…まずい。



今月はいよいよレミ〜♪ふふふ楽しみだ。
これ読んだら3作目の「With Abandon」に取りかかるのだ(`・ω・´)←既に買ってる。
…しかしこれもすばらしい表紙だ(笑)
なんかもうラングレーさん=腹筋のイメージがつきつつある今日この頃。
この作品もいずれ翻訳されるはずだと信じてるんですが、そうなったら麻々原さんのイラストでどんな風に描かれるんだろうな〜。
ということで、新書館さん、よろしくお願いします〜。

続きを読む
posted by 棗 at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記>イロイロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする